一香堂(hitokadoh)の身辺雑記

人生面白がる!一香堂はり灸師@神楽坂の気まま綴り

からだについて

お灸と瞑想のオンラインレッスンのお知らせ

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 1週間前のお灸と瞑想のオンラインレッスンにご参加いただいた方より、 「下腿の冷えが緩和された」「手首の固いところが楽になって動かしやすくなってきたよう」とのご報告がありました。 お灸をしていると、からだも変わっ…

お灸と瞑想の相乗効果を感じた午後

Zoomでお灸と瞑想で 身体と心を整えるレッスン、終了しました。 ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました! Zoom越しにみんな一緒にツボを取って、一緒にお灸して、 身体がほかほかした後に、 瞑想という静かな時間。 久しぶりの瞑想は何度かフッと…

お灸と瞑想で身体と心を整えよう

東洋医学の特徴の一つとして、「内因」と言って精神的要因も病の原因になる、と考えられていることです。 内傷七情とも呼ばれ、「怒・喜・思・悲・憂・恐・驚」の感情や思考がある範囲を超えると、病を引き起こす、というわけ。 今でこそ、ストレスは健康に…

こんな時期だからか、呼吸が愛しいね

リモートで東洋医学を学ばせてもらっている「鍼道 一の会」が東洋医学的養生について書かれているブログで、こんな記事を見つけました。 kanazawa.ichinokai.info 「マスクして、浅い呼吸をしていませんか?」 このタイトルにドキっとしました! 今年に限ら…

新型コロナウィルス感染症治療に中医学 

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)治療に中医学(TCM)が有効である、 というニュースをちらほら目にしたので、まとめます。 www.afpbb.com 「清肺拝毒湯」という方剤が推奨されていますね。 この方剤の内容について、一の会代表の金澤先生が解説されて…

酵素風呂に呼ばれる季節

冬になると行きたくなる場所の一つが、酵素風呂。 酵素風呂とは、酵素の発酵熱を利用したお風呂です。 風呂と言っても、お湯につかるわけではなく。 酵素発酵のもとになる米糠やオカクズに埋まる状態、軽い生き埋めの擬似体験・・て感じでしょうか。 私が行…

私が実行している3つの健康法

先日書きましたように、私が実行している健康法を紹介いたします。 お灸 仙骨タオル 真向法 お灸 もぐさを捻った点灸の方が効果高いのですが、今はもっぱら、簡便さに勝る台座灸を使っています。 お灸する経穴(ツボ)は日々変わりますが、代表的なのは、中…

今更ですが、週刊ダイヤモンドの「整骨院の裏側」読みました

図書館で貸出予約していた雑誌が届きました。 「整骨院の裏側」という、業界の闇的な記事があったので、一応目を通しておきたいな、と思って(← 買うというモチベーションはなし)、予約しておきました。 内容は、整骨院の不正請求がニュースになった時に報…

20年前の本『奪われし未来』が予言のようだった

12月はこの本一冊読むのに、何かを消耗した。 奪われし未来 増補改訂版 作者:シーア コルボーン,ジョン・ピーターソン マイヤーズ,ダイアン ダマノスキ 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2001/02/01 メディア: 単行本 厚い本、というのも理由の一つだが。 「…

健康オタク、サプリ飲んでいる方、必読です!

今回も、健康本の紹介です。 服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ (鉄人文庫) 作者:鈴木 祐 出版社/メーカー: 鉄人社 発売日: 2019/06/15 メディア: 文庫 症状がなくても、からだにいいと思って、日常的にサプリを摂っている方、いらっしゃいますよね? か…

ライフスタイルの見直しはやっぱり大事

前回 に引き続き、 『 天然ホルモン実用ガイド―天然のプロゲステロンが女性の健康を守る! 』について。 天然プロゲステロンの効果を感じられないという場合の、答えの一つに、 貧弱な食習慣や運動不足はもちろん、なんらかのストレスをかかえている。 本の「…

引き続き、天然プロゲステロンクリームについて

前回紹介した『最新改訂増補版 医者も知らないホルモン・バランス』が 「難しすぎる」「ページ数多くて読むの大変」「調査や研究は別に読まなくてもいいよ」という方は、こちらをどうぞ。 天然ホルモン実用ガイド―天然のプロゲステロンが女性の健康を守る! …

プロゲステロン、骨粗鬆症にもいいの?!

「天然プロゲステロンが女性の一生の健康を守る!」 「更年期・前更年期症状を改善する信頼できる知識と情報!」 という副題につられて、読んでみました。 最新改訂増補版 医者も知らないホルモン・バランス 作者: ジョン・R・リー,今村光一,氏家京子 出版社…

「カサカサ」大歓迎です!

鍼灸受けに来られる方で、ときどきいらっしゃいます。 「脚とか何にも塗っていないので、カサカサですみません…」とおっしゃられる方。 全然謝っていただく理由はありません! むしろ、そちらの方が大歓迎です!! 下手に(?)バッチリお手入れされていて本…

90歳の花

鍼灸師やっていてよかったなぁ、と思うことの一つに、いろんな年代の方とお会いすること。 90歳を超えた方に施術する機会があるのですが。 90年以上生きてこられた「いのち」と対面する施術中は、なんというか・・・ おごそかな心持ちになります。 畏敬の念…

「たぶん命水のおかげ」だそうで…

先週、母親から電話があり、「どうにも左肩が痛いので、友達から教えてもらった整体院に行ってきた」とのこと。 電話の数日前に、「保険が使える接骨院に行った」というラインが来ていたので、そこの事かと思っていたら、それとは違うらしい。 そこの接骨院…

古武術介護で、身体の可能性に目覚める

興味があった、岡田慎一郎先生の古武術介護の講座に行ってきました。 www.asahiculture.jp 4時間長いな、と思っていたのですが、岡田先生曰く、ご自身の講座としては短いそうで。 「身体を動かすとあっという間ですよ」という言葉どおり。 内容が充実してい…

からだという共同体と共に生きよう

感謝するって大事だよね。 とほざいているくせに、一番身近な存在に感謝することを忘れているやつがいる。 ・・・はい、私です。 一番身近な存在とは何か? ・・・はい、私のからだです。 私が意識していなくても、からだは動き続けている。機能し続けている…

鍼で宇宙の気を伝えよう

先日書きました松田博公先生インタビューの後編がリリース。 haritohito.jp 後半の、「黄帝台経」の読み解きは、かなりワクワクします。 宇宙論のくだりは松田ワールド炸裂で、心踊ります。 松田先生: 宇宙の気を受けて自分が元気になる。そして、自分を媒…

体の使い方も養生法

「どんなときに鍼灸受けますか?」という問いに、一番馴染みがある答えはおそらく、「肩こり」「腰痛」でしょう。 腰痛がお悩みの方に、こう聞きます。 「どういうときに、腰痛を(強く)感じますか?」 答えは、いろいろあります。 その中で、「これは果た…

大いにときめいて生きよう!

「ホリスティック医療」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、帯津良一先生です。 代替医療、補完医療の分野に興味を持ったのは、2001、2年ごろと記憶しています。過労で弱っていた時に引いた風邪がきっかけで、薬疹と40度の高熱になり肝機能も弱っていたため人…

会話は脳トレになる?

前回、訪問鍼灸での「会話」のことを書きました。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp 今回は、「じゃあ、ホントに会話は脳トレになるの?」という話題を。 検索したところ、メンタリストDaigoさんのブログに、ドンピシャの記事を発見。 daigoblog.jp 医学博士…

眼鏡が人間関係に影響する?

先日お見えになった患者さん、とよふく眼鏡のご愛用者でした。 最近の、とよふくの様子をいろいろ伺うことができて、楽しいひとときでした。 お父さん(って自分の親世代よりお若いのですが、勝手にそう呼んでます)はもうお店には出ていない、と思っていた…

アイシングの話題からPubMed

ねんざや打撲、骨折など怪我をしたときの応急措置は、 R:Rest(安静) I:Ice(冷却) C:Compression(圧迫) E:Elevation(挙上) が基本です。 そう、急性期(怪我をして2〜3日が目安)は冷やします。 教科書にもそう書いてあります。 炎症しているのだ…

希望の命水キャンペーン中だって!

以前もブログで書いた希望の命水。 hitokadoh-aider.hatenadiary.jp ただいま、キャンペーン中です! 7月31日(水)までに相互扶助会員または定期コースに会員登録されますと、入会月は無料です!! 詳しくはこちらをご覧ください。 ameblo.jp 先月「ミネラ…

人生初の坐骨神経痛

この前の日曜日、人生初の坐骨神経痛を体験。 前日から、なんとなく腰…というか臀部に違和感がありました。 日曜日の朝、痛みはなかった、けど、臀部の奥が引き攣れるような、コッているな〜という感覚がありました。 外出先で、夕方には痛みが表出。「こう…

"The age is just a number"を実感した話

もう先月のことになりますが… 月1程度で来ている患者さんから、ご両親の鍼灸施術をご依頼いただきました。 「神楽坂へ行くのは少し不安があるので、出張可能ですか?」 というお問い合わせ。 ご住所を聞いたら遠いところでなかったので、娘さん(患者さん)…

内臓からのメッセージ

前回、五行色体表のことに触れましたが、今回も関連ネタです。 五臓(肝、心、脾、肺、腎)というのがあります。 文字通り、内臓のことなんですが、肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓と全く同じ、ではありません。少しかぶっている部分もありますが、そのものでは…

色黒の赤ん坊

東洋医学では「色」も大切な情報です。 顔色であったり、舌の色であったり、爪の色であったり、肌の色であったり。 五行の中に五色(青、赤、黄、白、黒)というのがあります。 この五色、五臓にも関連付けられています。 青ー肝、赤ー心、黄ー脾、白ー肺、…

冬の守護神、板藍根

この冬、こちらに助けられています。 板藍根、です。 生薬の薬効は、清熱、涼血、解毒です。 風邪、インフルエンザが流行るこの季節、助けになっています。 2002年〜2003年のSARS流行の際、一躍有名になりました。当時、中国ではこの生薬が買い占められ、市…