hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

失われていた記憶

昨年の夏に、ルイーズ・ヘイ著『ライフヒーリング』を読みました。

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

その後、彼女の他の本も読みたいと思って、『それでも、あなたを愛しなさい』を図書館の長い予約リストに名前を入れました。買えよ!って話ですが、今、ある分野以外の本は手元に置かないと決めているので。

長いwaiting listの順番がまわってきたのは、昨日。ようやく手元にきました。

そしてちょっとこじつけますが(笑)、週末に、ある思いが湧いてきていました。

自分が性的被害者だったということを書いた方がいいんじゃないか。。いや、書くべきじゃないか。。いや、書きたい!ということ。

そして、その記憶は、20年近く私の中から欠落していました。

今、手元のこの本を数十ページ読んだところで、やはり書くことにします。
 

決めながらも、「そんな昔のこと蒸し返さなくても」となだめる私もいます(笑)

注:実際の被害者の方は、フラッシュバックが起こる可能性もあります。不安定なときは読まないでください。読んでいる最中に異変を感じたら、詠むのはやめてください。

 

その記憶が浮上してきたのは、2011年の初夏。3.11が起きた後です。

きっかけは些細なことでした。

フリーマーケットに出店していたとき、あらかた商品も捌けたので、他のお店を見ようとぶらついていました。
そのとき、男性が「ちょっとすみません」と近づいてきて、「はい」と振り返った私の顔に、何かスプレーをかけたのです。
びっくりした私は声も出ず固まりました。ふと我に返ると、そいつはスタスタと立ち去って後ろ姿が遠くに見えました。「なんだ、あいつ!!何、ふっかけたんだ?!」と舌打ちしました。
「変な薬かけられた?」と一瞬心配になりましたが、かけられたときに匂いはなく、氣分に何の変化もなかったので、「頭おかしい奴のいたずらか。」と納得し、フリーマーケットの店じまいをして帰りました。

乗り換えで品川駅を歩いていたとき、なんか急に怒りが湧いてきたんですね、さっきの頭おかしい男に。

「何だ、あいつは!!ほんっと、訳ワカンナイ(怒)糞な男が多すぎる!!」怒り爆発状態。きっと眉毛が釣り上がってたと思う。

その怒りを吐き出すかのように、移動する足音はガシガシと強くなっていった。
足音が強くなるのにつれて、余計なことまで思い出してきた、もうすっかり忘れていた痴漢のこととか。「あいつもこいつも、ほんっと最悪!クソったれ!!」心の中で悪態つきまくってた。

そのとき、ある瞬間、下腹部の奥がフッと緩んだのを感じた。「そういえば、レイプされそうになったこともあったっけ…」26〜27歳頃のことだった。

それが記憶に浮上した最初だった。その時は、特に何でもなかった。ショックもなく、悲しみもなく、淡々としていて、むしろ心はしんとしていた。

数日後から、私は眠れなくなった。
昼間働いているときは何でもない。以前と変わりない日常だったのだが。

それは、夜ウトウトして眠りに落ちる間際にやってきた。フラッシュバックってやつ。

横になった身体を感じると、その時のことを思い出す。
背中の衝撃。身体の重さ。呼吸できない苦しさ。抵抗して噛み付いたときの相手の腕の感触。自分の叫び声。

それらが混ぜこぜにぐるぐる回って、呼吸困難で、目が覚めた。目が覚めた後、感じる自分の肉体が氣持ち悪くなって、また呼吸困難に。

自分が壊れかけているのを、感じた。

ちょうどその頃、私は、ボディサイコセラピーの心理療法を学ぶBIPSという団体のトレーニングコースに参加していた。(BIPSでのいろいろな体験は、「ボディサイコセラピー」のカテゴリーで書いています。)

当時、ほとんど毎月、BIPSの合宿や週末のトレーニングがあった。
自分の状態を話したら、「PTSDになりかかっている。個人セッションも受けた方がいい」と言われた。個人セッションは確か2回受けたかな。ワークもできたし、相談相手も揃っていた。

まるで、私のからだは「この状況だったら、サポート体制は万全だ」とわかっていたかのようだった。

そうは言っても、PTSD寸前からのプロセスは苦しく、よくなったかと思えば、悪くなり。。。

しまいには、昼間の生活にも支障が出てきた。

通勤電車が辛いのだ。氣持ち悪いのだ。怖いのだ。
対象は、周りにいる男性たち。
そして、自分。いつ「怒り」のスイッチが入って、周りの人たちを蹴っ飛ばしかねない自分を抑えた。

この抑えがたい「怒り」は、ちょうどBIPSの合宿があり、そこでも取り組んでいたようだ(ブログみて思い出しました、これもかな)。

怒りの先は、自己嫌悪と悲しみと絶望感があった。

(一回では書けなかったので、続く)

 

いつも締めに書いているこの言葉、書くのに躊躇いはありますが、でもやっぱりこれで締める!

人生は面白い。