読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

「改訂新訳ライフヒーリング」読了


改訂新訳ライフヒーリング You Can Heal Your Life』ルイーズ・L・ヘイ著を読了。

身体症状と精神の関係は昔から言われてきたことで、その事実もかなり周知されてきています。

そうはいっても、実際症状で苦しんでいるときに、このことが心や思考に原因があると言われても、それをそのまま「そうですね」と言える人は少ないと思います。

例えば「痛み」にものすごく苦しんでいる最中、誰かが私にそう言ったとしたら、たぶん私は怒るでしょう。
「こんなときに何言ってんだ」とか「その前に、この「痛み」をどうにかしろ」ってね。

でも、その「痛み」は100%身体から来ているのでしょうか?

身体が傷ついたら、痛さを感じます。
また、心が傷ついても、痛さを感じます。

もしかしたら、今感じている「痛み」は、あのとき傷ついた「心」から来ているのも混じっているかもしれない…と氣づいたことがありました。

そういえば、あのとき「私は傷ついた」ってことをちゃんと感じていなかった。そう感じることがなんだか格好悪いように感じて、私はなかったふりをしました。
その当時は、「痛み」を感じたらダメだと思っていました。そんなことをしたら、もう立ち上がれなくなってしまう…と思っていました。

でも、それは幻想でした。
「痛み」は感じてもOKだし、それを感じても私は大丈夫。
氣づいて自覚して、手当してあげれば、治っていく。

そう、からだも心も同じです。


私たちは、毎日毎時毎分毎秒、意識しなくとも、何かを感じ、何かを思い、何かを考えています。
それらを一番誰が聞いているかと言えば、自分なんですよね。
自分の細胞はいつも聞いていて、しかも逃げられないわけですから、一番影響を受けますよね。

最近は、感情や思いにも周波数があると言われています。

自分がどんな周波数をいつも発しているのか?
少し感じてみると、いろいろ氣がつくこと、あるでしょう。

「自分の周波数、どうしたら心地いいものになるかな?」って考えてみて、そのことを実行したら、自分の細胞はきっとわかりますよね。

 

この本は、エクササイズもいろいろ載っていて、知識+実践できます。

こういうことって、終わりがないですね。
思い込みは相変わらずあるし、相変わらず、いろんなものにとらわれまくっています。
でも、これも新たな発見で、新たな世界へつながるキーですので、そういうこと発見できるってやっぱりすごいです
…と、今は思います。


第15章に、精神的要因、それを癒す新たな思考パターンが、具体的な疾患ごとに掲載されたリストがあります。
このリストは、ルイーズの前著「Heal Your Body」から抜粋されたそうです。
「えっ、こんな疾患も」と思うほど詳しいので、自分の過去や現在の症状と照らし合わせてみると、なかなか興味深いです。

私の場合を見てみましょう。

まず、近視。考えられる原因・内的要素は「未来に対する恐れ。先のことが信用できない」。新しい思考パターンは「神のお導き通りに進む。私はいつも守られている」。

肩こりがあるから「肩」を見てみると、考えられる原因・内的要素は「重荷ではなく、喜びをもたらすもののはず」。新しい思考パターンは「喜びを感じても大丈夫」

以前はなかったのに最近時々起こる「頭痛」ですが、考えられる原因・内的要素は「自分を卑下する。自己批判。恐れ」。新しい思考パターンは「自分を慈しみ受け入れる。愛情のこもった目で自分自身を、自分の行動を見ている。私は守られている。」だそうです。
う〜ん、そうかも

ちなみに、偏頭痛には、考えられる内的要素として性的恐怖感があり、「通常マスターベーションで痛みが取れる」そうです。
偏頭痛の方々、試してみてください

そして、骨粗鬆症(自分はなっていませんが)についての、新しい思考パターンのひとつがとても氣に入りました。

「生命そのものが私に手をさしのべている。」

「生命そのもの」っていうのが素敵ですね


最後の「第16章 私について」は、著者ルイーズ自身のこれまでの人生が書かれています。いろいろ、壮絶です…
これを最後に読んだら、この本また最初から読み返したくなりますね。
彼女の人生が、言葉に力を与え、私のなかにしみいってきました。


Heal Your Bodyは和訳本出ていないようなので、原書読むか






人生は面白い。