hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

いのちの揺れ

私は、常に揺れている。
たぶん、ずっと揺れている。


以前は、この揺れをなんとか止めようとしていた。

この揺れが、私を不安にさせた。
揺れなければ、不安にはならない、と思った。

揺れたら、負けだ。


ある日、気がついた。

この揺れは、いのちの呼吸。
揺れているということは、私が生きているということ。

この揺れは、私の全部ではない。一部に過ぎない。


そうしたら、この揺れは、ゆりかごのように私を安心させた。

安心した向こうには、揺れていない静かな何かがあった。


相変わらず、私は揺れている。

そして今は、この揺れを楽しんでいる。