hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

暖かい冬の朝

ちょっと春を感じる暖かい冬の朝。

自分のからだと対話してみる。

爪先から丁寧に、足指も一本一本。
意識を向けて、感覚を感じる。

足の甲、足裏から、足首。

ゆっくり、徐々に、上へ意識を移動させる。

感覚をていねいに感じると、まるでマッサージを受けているみたいに、その部分の血の流れを感じ体温の暖かさを感じる。

リラックスして、ほーっとする。少し眠たくなる。

そうして、骨盤の辺りで、私は自分の女性性と出会った。
それは、果たしてここにいていいのか?と小さく丸まっていた。
外界にいる敵が恐くて、俯き小さく震えていた。

これを守るために、強がっていたんだ。。
これを隠すために、硬直していたんだ。。

と思ったら、少し力が抜けて、からだの中に風が吹いた。


知らない間に、私のからだは、いろいろなものを抱え守り闘っているようだ。

そのことに気がついてよかった。知ってよかった。

気がついたから、「大事にしよう」っと本当に思える。
知ったから、「ありがとう」って言える。

叡智は、そこかしこにあるのですね。