hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

苦い言葉

こう見えても、私は繊細である。

人から注意されたり耳に痛いことをフィードバックされたりすると、はっきり言って落ち込む。

その人は自分の全部を否定したわけではない。
でも、全否定された感じが、自分のなかに瞬間的に起こるのも事実だ。
その直後に、「自分の全部を否定されているわけではない」という意識が出てくるので、立ち直りは早いのだけれど。

年齢を重ねるに従い、言われるより言う立場・状況により遭遇するようになってきた。

そうなってみて、気づくことがある。
苦言を言ってくれるってことはありがたいのだ。

できることなら、あんまり悪いことは言いたくない。
きついことを言って嫌われないだろうか?
小さいことを言うのは、性に合わないが、どうしても気になる。。
などなど。

でも、苦言を言われることで、気がつくこともいっぱいある。
特に無意識にやっていることは、外から言われないと気がつかないことが多い。

実際私も、ぐさっときた一言で、目が覚めたことがある。
その一言がきっかけで、熟考したこともある。

「良薬は口に苦し」というが、苦い一言にも効果がある。

とはいえ、自分の未処理の感情にまかせて、やたらめったら人を傷つける意図で言葉を発する人がいるのも事実。
傷つける意図で言ってる言葉は無視しよう。