hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

緑茶を飲もう

久しぶりにアンドルー・ワイルの本を読みました。

 
 『心身自在』。

こんなタイトルだったっけ?と思ったら、昔はタイトル違ったみたいですね。
初めて読んだときは『癒す心、治る力 実践編―8週間で甦る自発的治癒力』でした。
旧タイトルどおり、その前に出た『癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか』の実践プログラムと体験談が書かれています。
食事のこと、サプリのこと、メンタルなこと、スピリチュアルなこと。Body〜Mind〜Spiritの全方向から考えられた8週間のプログラム。
徐々に、レベルアップしていくように設定されているので、自分の食生活、生活習慣を変えようと思っている方には参考になります。

改めて読んでみて、結構日本の食材が推奨されていることに氣がつきました。
豆腐、とか、舞茸、とか。

そして、緑茶。コーヒーの代わりに緑茶を飲むことを何度も推奨しています。

あまりにも身近過ぎて忘れていましたが、緑茶は優れた健康飲料なのです!
含有成分は、今ではおなじみのカテキンのほか、ビタミンC、カフェイン、アミノ酸(テアニン)など。
伊藤園のサイトによれば、緑茶一杯のカフェインは15〜30mgで、かなり強い興奮作用を起こすはずなのですが、テアニンのおかげで興奮作用が穏やかになるそうです。

もともと私は緑茶好き。同じくお茶好きの友人と共に「茶っくればばぁ」を名乗っています。
その友人と一緒に茶飲み話をしていると、1Lのポットが何度も空になるくらい緑茶を飲みます。これは、さすがに飲み過ぎだけど・・・

確かに、緑茶はいいです。

じゃあどんな緑茶でもいいのか?・・と言ったら、違うかと。

やっぱり、誰が作っているのか?どのように作っているのか?が大事です。
茶葉を直接お湯に入れるのですから、無農薬の方がいいですよね。

ここ3年くらいは、こちらのお茶を取り寄せています。

www.issin-en.com

特上・特選月の雫は、自信作といわれるだけ、美味しいです。

でも普段は、強火仕上げの釜炒り茶(月の雫に比べるとワイルドな感じ)とか、徳用茶とかです。時々、業務用も買います(どんだけ飲むんだ!)。

そして、玄米茶もうまい!
というか、一心園さんの玄米茶を飲んで、玄米茶好きになりました。以前は玄米茶、苦手でした。

やはり、誰が作っているかで変わりますね〜。
「〇〇が苦手」「△△はいまいち・・」などと思っていても、単に、そこのモノがダメだっただけで、違う生産者(この場合)のは良かった!ってこと。

そのモノがダメ、な訳ではなく、その作り手がダメだったというケース、大いにあります。

あと紅茶も、一心園さんの愛飲してます。

ときどき、体調によって、紅茶を飲むと胃が痛くなったり氣持ち悪くなったりすることがあるのですが、こちらの紅茶はそれがないのです。私に合ってるんですね!

・・・と、一心園さんのこと熱く語ってしまいましたが。

「こちらのお茶を試して見よう」と思ったきっかけは、お茶ネタとは関係ないところでした。

風水です✨

風水パワースポット紀行』で紹介されていた茶園です。
 

一心園さんの茶畑があるところは、四神相応という龍穴なのです。
なんかご利益ありそうでしょ??

さらに、著者の山道帰一氏は台湾の国家資格「評茶師技術士」でいらっしゃるので、お茶にはうるさい方らしい。
そんな方のオススメ茶なら、飲まない理由がないでしょ!

取り寄せてみたら、やっぱり美味しかった! てな訳で、すっかり一心園ファンです。

私が鍼灸出張治療をやっている神楽坂で、治療後お出ししている緑茶、ほうじ茶、紅茶は一心園さんのです。
「おいしいですね」と言われた方にはもれなく、一心園さんのこと熱く語ってます(笑)

amazonでも買えるようです。

そういう訳で、皆さん、もっと緑茶を飲みましょう!

 

人生は面白い。