読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

また恐れかよ。。

未知なるものは、わくわくするものであり、怖いもんではない。

と思っていたが、そうではなかったらしい。

恐れってやつは、知らないうちに息を吹き返し増殖するようだ。


未知が既知となったとき、何がどうなるかはわからない。
何かが変わるかもしれないし、何にも変わらないかもしれない。

変わりたい、進みたい、と思う一方で、変わりたくない、進みたくない、と思っている自分もある。

どこへ行きたいのか?
明確に知っているつもりだったのに、それが今は不明確。

動けば何かが変わると信じている一方で、別に動かなくても大差ないんじゃないかと疑っている自分もある。

確かなものがあると信じている一方で、何一つ確かなものなんてないとも思っている。

私の中のビー球が、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、ころころ転がっている。
左右に揺れながらもバランスをとりながら、立っている。歩いている。

「なんとかまだ倒れていないよ」とちょっと自慢げに言ってみるが、
倒れたほうが楽なのかもしれない?倒れたからといって、ずっと倒れっぱなしのわけではなく。
また次立ち上がればいいだけじゃん?
倒れたからこそ、見える景色もあるだろう。

いろいろ納得できるような理由を考えてはみるが、理由によって恐れがなくなるわけでもない。
頭が納得しても、こわいもんは依然として存在する。

恐れをなくそう、消そうと努力するが、なくそう、消そうと思う時点で、自分が恐れをまた作っていたりする。
恐れから逃れたいと思い、数回は逃れることができても、またそいつは追っかけてくる。

じゃ、恐れってやつは本当に恐ろしいのか?

恐れを持っていても笑えるし、楽しいことは楽しいし、美しいものは相変わらず美しい。

そうそう、恐れはメッセージの一つでもある。
だから、ただ単に何かを伝えたいだけなのかもしれない。だとしたら、ちゃんと聞いてやらねばね。

そしたら、案外仲良くなれるかもね。
他人様も自分様も、大切に接するってことですかね。