hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

こころの筋トレ

例えば、いろいろ含蓄のある言葉。
力づけられる言葉。

「あ〜、本当にそうだな」とわかったつもりでも、自分がピンチのときに、それらの言葉たちに勇気づけられるであろうときに、忘れてしまう。

それらの言葉を思い出すかわりに、悪態をつき、どうにかしようといろいろあがく。

うまくいかないときは、待てってサインだから。
動こうとするよりは、静かに見守っていたほうがいい。

などなど、わかっていたつもりでも、そのさなかには忘れちゃうのよねぇ。

しばらく経ってから、ハタと気がつく。

ああ〜、もっと早く気がつけば。。と残念に思ったりもするのだが。。

しかし、ここで自分を責めたら、ますます泥沼化。

これも練習だ、と思いなおす。

何かの本に、「からだを鍛えるため筋トレを継続するように、ものの見方や考え方についても練習を継続する必要がある」と書いてあった。

思考の筋トレ、こころの筋トレ。

それらも継続することが大事なようだ。
進んだり戻ったりしながらも、やるっきゃないのね。