hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

嵐山でぼったくられた?

タオパッチアプリケーターの勉強会で、紅葉の京都に行ってきました。

「これ幸い」とばかりに、特別公開の時期にしか会えない清凉寺(嵯峨釈迦堂)阿弥陀三尊坐像(お顔は下記のtweetを参照。美しいでしょ?)と数年ぶりの再会を果たし、

ついでに大阪まで足を伸ばし、動画受講している「一の会」の先生の鍼も受けるという、盛りだくさんの旅でした。

「盛りだくさん」の名にふさわしく(?)、ネットで有名らしい“ぼったくりカフェ”にカモられてきました。嵐山のdream cafe、入場料3,000円。

kyotopi.jp

それがですね、最悪の体験・・・ではなかったのですよ。実は私、そのあやしいカフェでえらくゆっくりと寛いだ時間を過ごしたのでした。

「Cafe」と名乗っていますが、出されるのは和菓子(どちらといえば庶民的な)と一保堂の焙じ茶

カフェだと思って入ると、「ぼったくり」呼ばわりされてしまうのもしょうがない要素が満載です。

…ですが、あの空間をしばし独り占めしてボーッとすることができた、ことを考えると、「安くはないけれど、ぼったくりとも言えない」というのが今の私の感想です。これで10倍の料金だったら、「ぼったくり」と自信を持って言えます(門の入り口で客引きされていた女性は「10倍でもおかしくない」とおっしゃっていましたが)。

門の前に立っていた(客引きの)女性は、天保時代の家だと言っていましたが、真偽のほどは定かでありません。残念ながら鑑識眼がないもので…

でも、空間の誂えは、よい感じでしたよ。CMとかに使われそうな感じ。

個人的には「畳に絨毯」ってあまり好きではないのですが、サロンにも使われている(いた?)ということでしたので、テーブルと椅子は必須なのでしょう。

部屋の調度品でもある骨董の価値については皆目見当つきませんが、全体的な雰囲気は素敵でした。

紅葉が始まった嵐山は、平日にもかかわらず、どこに行っても観光客で混んでいて、お寺で静寂を味わうことは不可能でした。ちょっと人に疲れていたのでしょう(東京の方がもっと混んでるよって話ですが w)、いつもなら無視していたところを、うっかり客引きに乗っかってしまいました。

おかげで、縁側に座ってボーッと庭を眺め、風の音、鳥の鳴き声を聞いて、リラックスタイムを満喫しました。

さーー、これはぼったくり??

f:id:hitokadoh:20181119004251j:plainf:id:hitokadoh:20181119004216j:plain

f:id:hitokadoh:20181119004254j:plain

f:id:hitokadoh:20181119004315j:plain

f:id:hitokadoh:20181119004326j:plain

f:id:hitokadoh:20181119005337j:plain

f:id:hitokadoh:20181119005257j:plain

f:id:hitokadoh:20181119005315j:plain

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:東京都 神楽坂・西荻|はり灸 一香堂|鍼灸でいのち磨き
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttp://www.instagram.com/hitokadoh/