hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い。一香堂のはり灸師、あれこれ綴ってます。

0円体験はプライスレス

最近引越しをした友人の話を聞いて、こちらの記事で紹介されている「くるくるひろば」店主、万季さんのインタビュー内の言葉を思い出しました。

news.yahoo.co.jp

なぜ、タダでモノをあげるのか? 例えば、「ブックオフ」で本の買い取り価格が「5円です」と言われたら、がっかりするだけかもしれない。たったの5円かと。でも、0円であげれば、相手が喜んでくれるので、そう感じることはありません。なにより、0円で人にモノをあげるのは面白いんです。あげる相手が目の前にいれば、中身の面白さを伝えることだってできるかもしれないんですから。

友人は引越しに伴う断捨離に、ジモティーやリサイクルショップの買取も利用した様子。

ジモティーでだいぶ物がはけた、すご〜い!!」と絶賛していた友人。あるモノを「リサイクルショップで買取してもらったら500円だった…」と値段がついた方がなんだかがっかり⤵️していました。

500円とはいえ、お金はお金です。0円<500円。

なのに、0円でもらわれていった方が断然嬉しい、ということが起きます。「0円」で譲った体験プライスは、まさにプライスレスなのです!

そういえば、私も前回の引越しのとき、近所のリサイクルショップ買取ではなく、わざわざ遠くまで寄付しに行ったことありました。

ミントンのハドンホール ゴブレット2客、カップ&ソーサー1客があり、「中古とはいえブランドだし…」とスケベ根性を出して、近所のリサイクルショップに持って行きました。そこでの査定は「500円です」。たった500円でも売れればいいか…と初めは思ったのですが、なんとなくモヤモヤ氣分が晴れず…結局買取は断りました。

そして持って行ったのは、こちらでした。
www.we21japan.org

寄付だから0円だししかも電車使って行くって、たったの500円と比べて、大幅マイナスです。

でも、そうしたかったのね。お金だけ見たらマイナスだけど、「たったの…」なんて露ほども思わず、満足感と嬉しさで満たされて帰りました。この体験、まさしくプライスレスでした!

当時のこと、ブログにも書いていました。「爽快感」って言ってますね〜。

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

このWEショップは「寄付」という意味合いが大きいので、0円ショップの感覚とは少し違いますかね。

いずれにしても「値付け」されることで失うもの、確かにあります。

東松原駅近くのくるくるひろばは、店舗の家賃などはカンパによって賄われています。「カンパ以外にできること」として、ボランティア的活動がいくつかあります。

ameblo.jp

利用者も当事者として関わることが継続の鍵ですね。

鶴見済氏も携わっている、くにたち0円ショップの情報はこちら⬇️
twitter.com

彼の本『0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方』をこれから読みます!

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方

 

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:古民家で鍼灸@神楽坂/西荻窪〜はり灸 一香堂
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttps://www.instagram.com/hitokadoh/?hl=ja