読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

ダブルバインド

NLPのコースを受講していたとき、同じ受講生のお一人に、
「山口さんと話していると、メビウスの輪が見える」
という意味不明のコメントをもらったことがあります(若干、不思議ちゃん系の方ではあったのですが)。

「それってわかりにくいってこと?矛盾しているってこと?」意味がわからず聞きました。

「う〜ん、矛盾というか、表裏一体というか、螺旋状に登ってったら元に戻るみたいな…そんな感じ。」
彼女は説明してくれましたが、わかったようなわからないような感じで、「そうですか…」と一応納得したような風で終えました(笑)

ちなみに、メビウスの輪ってこんな感じ。無限大∞の形でも描かれますね。

f:id:hitokadoh:20170514153623j:plain

どういう流れで、そんな話が出たのか、ぜんぜん覚えていませんが。。

NLPだから、ダブルバインド*1から派生した話だったかも。

で、ダブルバインドに飛びます。

こう言ってはなんですが、人は多少の差はあれど、ダブルバインド的メッセージを発しています。そんな意識は毛頭なくてもね(私からもダダ漏れていることでしょう)。

子供が初めて遭遇するダブルバインドは、親(養育者)からでしょう。

例にもれず、私も、親からいろいろなダブルバインドを受けてきました。
ここで強調しておきたいのですが、私がひどい育てられ方をした、という訳ではありません。

ダブルバインドは、混乱と矛盾を生みます。

そして、この社会自体が矛盾に満ちています。
また矛盾に満ちているように見えても、その先、奥底には、矛盾を超えた何か、ある種の法則性・統一性が流れているのも事実です。

私が思うに、親からのダブルバインドは、この矛盾に満ちた(ように見える)社会・現実を生きていくための洗礼ではないかと。

実際私は、親からのダブルバインドを通して矛盾を知り、その中でどう生きていくか、それをどう超えていくか、を学んだ、と勝手に結論付けています。

あ、でも、最初は無意識に沈んでいるダブルバインドを意識化しないとね。
氣づかないことには始まらないから。

時折、その人の存在自体が「ザ・ダブルバインド」って方もいます。そういう人からは距離をとりますね。それでも自分が壊れると思ったら。。。私は逃げます(笑)自分を守るために。

その人が幸せであるよう、遠くから祈ります(一回は)。

画像入れたけど「メビウスの輪」は関係なかったね(^^;

 

 人生は面白い。

*1:心理学で言われているダブルバインドについて、詳しく説明されているサイトがありました。ご興味ある方はお読みいただくとご理解いただけるかと。
ダブルバインド(二重拘束)で心に溜め込む仕組みを作られている人は気づこう!統合失調症患者の家族のコミュニケーションのパターンにダブルバインドが多い! | 幸せの種「気づき」