hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

「これを食べれば健康になる」のウソ本当に暴かれました


こちらの本、おすすめ度高。 

ダイエットの科学―「これを食べれば健康になる」のウソを暴く

ダイエットの科学―「これを食べれば健康になる」のウソを暴く

 

ダイエット本ではありません。お氣軽健康本とも違います。
分厚いし、情報量も多い。巻末に載っている注釈を見れば、著者がいかに手間と時間をかけて書いた本だとわかります。
目から鱗の情報満載。
今「常識」として語られている事柄で「間違い」とわかっているものが、いかに多いか…ちょっと絶句。

今巷に流布されている「ダイエット」は、当たるも八卦当たらぬも八卦レベルだということ。当然ながら、万人に効くダイエットはないってことです。
この本の原題『The Diet Myth』(ダイエットの神話)の意味するとおり。

例えば、カロリー。
今表示されているカロリー数値が、結構誤差がある。一応定められている1日の摂取エネルギー量も、かなり曖昧らしい。
普通に信じられていた、消費カロリー < 摂取カロリーだと太る説も、すでに説得力を失っています。適度な運動は健康にとってよいのですが、「いっぱい運動すれば痩せる」という単純な話ではないのですね。

当然ですが、ダイエットや栄養学の世界も、科学の進歩のおかげで判明してきたことがたくさんあります。

世の中、健康・ダイエットネタ好きな人多いです(私もね)。
「発見!〇〇に脂肪を減らす効果」とか「△△にアンチエイジングの作用があることが証明!」とか言った記事、よくネットでも目にします。私もこういう新発見にワクワクします!

でも、見出しだけ見て判断するのは危険だと思いました。面倒くさいけど、調査・研究の内容をよく読んで、どんな人あるいは団体が書いているのかを確認する必要がありそうです。

例えば、実験対象がラットだったり、対象数が少な過ぎたり。発表者がある業界団体・会社などから援助をもらっていたり。調査・研究と言いつつ、実は宣伝だったり。

そして、発見された当時は大々的に取り上げされるが、その後「実は間違いでした」とわかっても、それはあまり取り上げれらない。本・ネットには、発見当時の記事だけがたくさん残っている…という状態。

事実は変わるってことを意識して、見ること大事ですね。

厄介なのは、すでに「因果関係がない」とされた説をずっと繰り返す自称「専門家」たち。
「〇〇さんが言っていたから」「テレビでやってたから」と言って鵜呑みにせず、自分で調べることが大切ですね。

そーは言っても、今の科学も万能ではないので、今の科学で「因果関係なし」と証明されても「そっちの結果の方が間違いだ」って言う態度も、もちろんあり(私にも、そういうのあります)。
自分で調べてもなお「因果関係なし」説を信じる!って方は、それはそれで素晴らしいです。

で、の内容ですが…

章が栄養物質などになっているので、自分が知りたいものだけ読んでみてもいいと思います。

目次は以下のとおりです。

■目次■
1 ダイエットという神話
2 微生物: ダイエットとマイクロバイオーム
3 カロリー: 運動で本当に痩せられるのか?
4 総脂質: 体に良い脂肪、悪い脂肪
5 飽和脂肪酸: 乳製品のすすめ
6 不飽和脂肪酸: オリーブオイル、そのほか地中海式食事
7 トランス脂肪酸: ジャンクフードの恐るべき真実
8 動物性タンパク質: 肉と魚と旧石器時代
9 非動物性タンパク質: 豆、海藻、キノコ
10 乳製品由来のタンパク質: 「牛乳を飲めば大きくなる」は本当か?
11 糖類: あらゆるところに忍び寄る砂糖の影
12 糖質(糖類以外): スーパーフードに騙されるな
13 食物繊維: プレバイオティクスという新しい科学
14 人工甘味料および保存料: ダイエット飲料の甘くない現実
15 カフェイン: コーヒーとチョコレートの誘惑
16 アルコール: 百薬の長か、万病の元か
17 ビタミン: サプリメントを買う前に
18 抗生物質: 腸内細菌の殺戮兵器
19 ナッツ: 食品とアレルギー
20 賞味期限: 捨てられていく大量の食品
21 騙されないためのチェックポイント

どれも「読みたい!」って思いませんか?

思わない?
・・・では 、最後の騙されないためのチェックポイントだけでも読んでみてください。無駄なサプリや偽健康食品を買わなくなる…はず。

個人的に「へ〜」だったものは、

    • ある研究では、白米をスプーンでなく箸で食べたほうが、GI値を大幅に抑えられるという結果が。
    • フランスのチーズはほんと凄いんだな〜(ざっくりとした言い方ですみません)。シャルル・ド・ゴール大統領が一九六二年に、「二五六種類のチーズがある国を治めるのは難しい」と発言したのは有名な話だそう。今のフランスにはその二倍の種類のチーズがあると考えられ、チーズ・サイエンス業界なるものがあるらしい。
    • アメリカ食品医薬品局FDA)は、チーズカビ、チーズ中に含まれる細菌が危険であると判断して、低温殺菌していない生乳を材料とする伝統的な製法のチーズの輸入を禁止している。殺菌消毒が難しいので、「旧式の」木製棚で熟成されるチーズへの規制強化も発表。(銃器は安全だと思っているらしいのに)という著者のコメントがいい。
    • 私も影響を受けたチャイナ・スタディ。『チャイナ・スタディー 葬られた「第二のマクガバン報告」』を読んでから、牛乳を避けるようになりました。コリン・キャンベルの「乳製品は一切やめるべき」という結論は、「ひねり出される相関関係」で、その他の要因も乳製品摂取と同じくらい関連性があることがわかった。(そうは言っても、今後、劇的に牛乳を飲むわけでもないけど…)
    • ヤクルトが登場。代田稔医師が発見したラクトバチルス・カゼイシロタ株のことも(p.79)。

最終的には、個人ですね。遺伝的要素もあるし。
そして、腸内細菌。これからは微生物ですよ〜。
hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

 

人生は面白い。

『おだやかな革命』に参加しよう

生活クラブ委員向けの試写会で「おだやかな革命」を観ました。odayaka-kakumei.com

監督は、ドキュメンタリー映画よみがえりのレシピ』を創った渡辺智史氏。

何きっかけで『よみがえりのレシピ』を知ったのかは忘れましたが、おそらくVideo Newsマル激で野口さんのタネの話を聞いて、興味が種ブームだったときだと思います。「観たい!」と思ったときは東京での上映は終わっていて、横浜まで横浜キネマ倶楽部主催の上映会へ行った記憶があります。
いっぱいのメッセージ性があるのだけれど、淡々ほのぼのな空氣に満ち溢れていて、でも観終わった後、確実に心の中にタネが宿ったような映画でした。使われていたBGMも可愛いかった。

そして、今回の映画『おだやかな革命』も取り上げているのは「ちいき」。で、軸は自然エネルギーです。 

始まりの方に出てくる、行き先のない汚染土が積まれた飯館村の景色。

積み上げられた汚染土のそばでお墓参りをしている小林さんご夫婦。
震災前の飯館村と移住先でも、和牛と稲作をやっていた小林さん。会津電力の社長、老舗酒蔵の旦那(佐藤彌右衛門氏)に感銘を受け、ご自身も飯館電力を立ち上げられました。

東日本大震災という大災害から芽吹き、被災地の自立を目指して立ち上げられた新電力会社、会津電力飯館電力

福島の風景が出てくると、いつも思い出される風景があります。
南相馬市へアロマのボランティアに行ったとき、バスから見えた風景。春の日に照らされた田んぼ、果樹、畑、山々。目で見れば、うららかで平和でキラキラしているこの場所が、実は汚染されている、という事実。「放射能って本当に見えないんだ…」と、至極当たり前のことを心底実感した、車窓からの風景。

そして、その美しい風景とセットで湧いてくる「汚したのは私たちだ」っていう苦くて痛い思い。

この映画でも描かれていますが、東日本大震災はやはり大きな転機。一人ひとりにとっても、地域にとっても、社会全体にとっても。

もちろん私自身にとっても。いろんなもの(自分も含めて)がガラガラ崩れ、いろんなものが目の前に突きつけられ、 いろんなものを捨て選び組み立てなければならない必要がありました(今も継続中)。

映画は、生活クラブの電気の共同購入のことも、かなりの時間取り上げていました。会津と飯館からも、生活クラブエナジーは電気を購入しています。

生活クラブの風車がある秋田県にかほ市との交流。電気購入だけに止まらず、地元の特産品を共同開発・購入しています。生活クラブのトマトケチャップの原料になる加工用トマト栽培も交流の一環です。

上映後に渡辺監督がお話されていたように、ローカルだけをクローズアップするだけだと、都市部の人たちにとっては遠い話になってしまう。生活クラブと生産者(映画ではにかほ市と米の生産地の遊佐)のつながりを紹介することが、都市部の人たちにとって一つのヒントになるのではないか、とのことでした。

その他、映画で取り上げされていたのは・・・

岐阜県石徹白での、平野さん家族と地元住民が生み出す、懐かしくも新しい変化。
ここでも村世帯が出資した小水力発電が未来への風を起こしています。

政府主導で進められていた平成の市町村合併のなか、合併はせずに、村として自立していくことを決めた岡山県西粟倉村。豊富な森林資源を生かした地域再生を進めています。村での循環型経済は、懐かしくもあり新しい。

日本のあちこちに起きている「おだやかな革命」は、誰もが未来の創造者であることを、さまざまな形で見せてくれています。

映画を観たあと、私のようで私でない声が何度も問いかけてきました。

「あなたはどんな未来を作りたいの?」

映画『おだやかな革命』東京での公開は、2月3日よりポレポレ東中野にて。初日に開催されるマルシェでは、映画に出てきた石徹白洋品店石徹白の無農薬野菜が出店されるそうです。

f:id:hitokadoh:20180114190727j:plain

 

人生は面白い。

2018年のご挨拶

三が日をすでに過ぎ、徐々にお正月空気も薄まってまいりました。

が、2018年明けましておめでとうございます。

今年のお正月もよく食べました。

泊まりに来ていた甥たちと、懐かしすぎる人生ゲーム(ポケット版)をやりました。

人生ゲームも私の子ども時代(何十年前だ⁈)から進化しています。ロボットクリエイターという職業があったり、「人工知能で資産運用」「火星移住」のマス目があったりして、今っぽいです。

ポケット版なので、全てが小さい。大変なのはお札。あまりに小さくて、ちょっとした鼻息でも撒き散らされてしまう。銀行役は、その小さいお札をみんなに配らないといけないので、かなり手間のかかるお役目です(^_^;)

ルーレットも小さくて軽いので、思いっきり回すとなかなか止まらず、待ち時間が長くなります。

ま、ブツクサ書きましたが、充分盛り上がって楽しみました!

そういえば、久しぶりに夢見ました。大晦日〜元日にかけての夜に。

これは初夢?と思ったのですが、初夢とは通常1月1日〜2日にかけて見る夢なので、プレ初夢(?)です。

どこか山奥も田舎に、すごく有名な占い師(預言者っぽい)がいて、その人に観てもらうためには現地で予約待ちをしなければならない、らしい。

私もバスで現地に赴き予約をしたら、思いのほか早い順番だった。「思ったより早くて良かった!」と少々嬉しさを感じていました。いざ時間が近づいてきて、その占い場所へ行こうと思ったら、なぜだか場所が分からない(汗)誰かに聞こうにも、そういう時に限って誰にも会わない…。散々迷った挙句、どうにかその場所に辿り着いたときには、自分の約束時間はとっくに過ぎていました。事情を説明したら「今日はもう無理です」と言われ、ぼーっと待合室みたいな場所に座っている、という夢でした。

迷っていたときの焦った感じは結構リアルに残っていましたが、お目当ての占い師に会えなかったのにもかかわらず、やけにスッキリした感もあったりして…もっと残念がってもいいのにね。夢の中では、「これは『私には預言は必要ない』ってことなんだろう」と妙に物分かりよく納得していました。納得していたときには、もう自分が何のために占い師のところへ行こうとしていたのかも思い出せない、って感じ。

夢に出てくるものは全て、自分である、と言われています。

やっぱりほんとは焦っていたのかもしれない、私。
やっぱりほんとはジタバタしていたのかもしれない、私。
やっぱりほんとは欲しくて掴みたくて仕方がなかったのかもしれない、私。

そのためにしていたことが「徒労に終わる」ことがあるのかもしれない。

でも、

やっぱり歩き出したいんだ、と思う。
やっぱり探し回りたいんだ、と思う。

夢の中の私がしていた、みたいに。

今年も、ワンダフル(戌年なだけに。おやじダジャレすみません)な一年を創っていこう。

 f:id:hitokadoh:20180106151230j:image

 

人生は面白い。

マグマ塩1kg買い

初めて参加した坐禅断食で食して以後、愛用中のマグマ塩。

マグマ塩という名前にふさわしく(?)、箱根大涌谷の黒たまごの香りがします。

今回、1kg買ってみました。
f:id:hitokadoh:20171229125626j:plain  f:id:hitokadoh:20171229130423j:plain

調味料として(普通の塩に混ぜたりして、セコく)使っていますが、サプリ的にも使っています。

疲れたとき、外食続きのときに、マグマ塩を直舐め。
舐めてみて、塩分(というかミネラル)が足りていないときは甘く感じます。舐め続けて塩辛く感じてきたら、「もう十分」のサイン。
(注:科学的根拠はありません。私の個人的実験の結果です。) 

「味覚が慣れてくるからじゃないの?」と思った方、私も最初そう思っていました。

始めは、とりあえず毎日舐めてみました。
毎日やっていると、マグマ塩を無性に舐めたい時とそうでない時があるのに氣がつきます。
無性に舐めたい時は、塩辛さを感じるまでの量が多いです。疲れていたり外食が多いときは、無性にマグマ塩が欲しくなる。
からだが必要としているってことでしょうね。

最近は外食がめっきり減ったせいか、あまり直に舐めることはしなくなりました。
あ、料理に使っているから、そのせいもあるかも。 

これを書くにあたり、先程久々に直舐めしたら、一口め(ひと舐め)の最後の方に塩辛さがきて、二口めはもう要らないって状態でした。

うん、やっぱり「欲しい」と思わないときは「必要ない」ってことですね。

そもそも私は料理好きではありません。

美味しいものは好きですけど、そのために、いろいろレシピ調べて凝った料理を作ろう!と思わない⤵️⤵️

だから、調味料が非常に大事です。
菌が作った(醸造された)醤油・味噌・お酢・お酒、ミネラル分豊富な塩・砂糖。

こういう調味料たちは滅多に安売りはされず、「高い」と言われますが…その分「生きている」わけで、同じ名前が付いていてもまったく別物です。

「生きている」調味料だと、手間暇をかけなくてもおいしい料理…とは呼べないか…おいしい食べ物!が出来上がります。

生でそのまま、ただ煮るだけ、ただ蒸すだけ(私は「蒸し」あまりやらないけど)、ただ炒めるだけ、で十分。

お出汁もきちんととれば、さらにおいしいものができるのでしょうが、横着なもので、みついし昆布の昆布パウダー(コレ⬇️)で代用してます。 和でも洋でも、何にでも入れちゃいます。

f:id:hitokadoh:20171229142114j:plain

生活クラブ用の品物なのか、みついし昆布のサイトには見当たりませんでした。こちらが同類品のようです。
yorokonbu.theshop.jp

さらに根昆布入りなので、健康にもいいんではないかと。
www.nekonbu.net

マグマ塩から外れました。

抗酸化力もあるそうです。「1度食べたら病みつく」味をぜひお試しを!
www.el-sham.com

 

人生は面白い。

バクロスTV「消費者があぶない!」の回

下記に続いて、バクロスTVネタです。

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

今回のやつは、かなりおすすめです!

やっぱり、最終的にはコレです。

政府が悪い、企業が悪い、病院が悪い、ではなく、
それらを無意識に選んでいる自分が問題です。


バクロスTV#11 テレビでは話せない!ここだけの本当の話!!市民バクロスTV 第11回 今、消費者があぶない!


バクロスTV#12 テレビでは話せない!ここだけの本当の話!!市民バクロスTV 第12回 今、消費者があぶない! 後半

#11の5:17辺りからの、末吉辰満さんの話。
クローン病を克復された末吉さんが語る「犠牲者意識」は、実体験から出た言葉で響きます。

現実に病で苦しんでいるときに、「私自身の選択の結果でクローン病を作り出してたことに気がついた」 (5:39)ことのスゴさ、計り知れません。

でも、こういう氣付きは、いくら外から言われたからといって起こってくるものではありません。
自分の内から自然発生的に湧き上がってきたときに、本当に力を持つのだと思います。

「全部、自分が悪いんだ…」と、卑屈になるのとも違います。

「自分は選択ができるんだ」「選択するのは自分なのだから、変えられる力も自分にはあるんだ」と。
自分の中に確かにある力に、目覚めていく。

ときに、「犠牲者をやめる」ことは非常に痛みを伴います。それも自然なこと。

一挙にやめらなくても、徐々にやめていく。
「犠牲者をやめる」ことをやめないで、続けていく。

#12では、野口勲さんがかつてラウンドアップを売っていたというお話も。

ラウンドアップは最初「アミノ酸」だと言って売り出されていた、そうです。
他の除草剤は毒物・劇物なのだけど、ラウンドアップだけはアミノ酸なので「普通物」として店頭に並べて、手続きもなく簡単に買える。
が、ある日警察が来て、自殺をした農家のおばあさんの横に、野口さんのお店で買ったラウンドアップが転がっていた。
「これは毒じゃないか」とわかって、販売をやめた、とのこと。

大企業=社会的に認められている → 大企業で作られたもの=安全
と思いガチなのですが、そうではないのですよね。 

言葉で言えば「賢い消費者になろう!」

と簡単ですが、賢くなるためには、主体的に情報を集め、学び、調べ、検証し、判断する、という手間が必要です。 

それって、便利・効率だけを追い求めていたら、面倒くさくてできませんよね。

でも賢くなろうと思ったら、手間が必要です。面倒くさいことが必要です。

賢い消費者になるかならないか、それも自分の選択です。

その選択が、自分の今、未来を作っています。

どういう自分にしたいか?どういう今にしたいか?どういう未来にしたいか?
これらも、一人ひとりの選択です。

結局、自分の選択が今の状態を作っているのですね。

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

 

人生は面白い。

イブに毒素排出スープを仕込む

体と心から毒を消す技術』に掲載されている毒素排出スープを作りました。

著者は、京都で統合医療を提供されている医師、堀田忠弘先生です。
hotta-clinic.com

作り方と飲み方はこちら。

[ 材料 ]●タマネギの皮…1個分(1.2g) ●マイタケ…13g ●パセリ…6g ●ゴボウ…40g ●ショウガ…6g ●自然塩…0.5g ●水…2L昆布 

※分量は、野菜は無農薬で栽培されたものなら皮ごと、そうでなければ皮をむいた量。

① 野菜は流水でよく洗い、マイタケ、パセリ、タマネギの皮は、酢水(水2リットルに対して純米酢大さじ4杯)を20分以上漬けてから、水ですすぐ。

② ゴボウとショウガは、皮をむいて、コンブを入れた水で5分間下ゆでします。
※無農薬の野菜であれば、①②は省略してもいい。

③ 鍋に水を入れて、食べやすい大きさに切った食材を加えて沸騰させる。とろ火で20分ほど煮込んで、材料が軟らかくなったら、塩で味をつけてできあがり。 

④ 最初の3日間はカップ1/2〜1杯(100〜200ml)を、朝食と夕食の食前に飲む。具はタマネギの皮とコンブだけ捨てて、ほかはスープといっしょに食べる。4日目以降は、1週間に1〜2度、1日1回飲む程度でOK 。

一晩置いて、こんなスープになりました。
f:id:hitokadoh:20171225105540j:plain
きれいな黄金色です!
香りはフロー・エッセンスに似ています。たぶん、ごぼうのせい。

FLORA フローエッセンス+リキッド 500ml

FLORA フローエッセンス+リキッド 500ml

 

3日間は、朝と夕食前に飲みます。

塩味は、マグマ塩で。

f:id:hitokadoh:20171225110825j:plain

イブに毒素排出スープの仕込みをするなんて、私、いい魔女になれそう!?

 

人生は面白い。

駒村晴明堂の水車杉線香

お灸に火をつけるときに線香を使うのですが、今使用しているお灸用線香が残り少なくなってきたので、何かいいのがないか探していました。

今度はこちらにしました。
f:id:hitokadoh:20171219105448j:plain
駒村清明堂の、杉線香。水車で作っているそうです。

製造過程は⬇️をご覧ください。
杉が日本を救う/第5回 「『杉線香』で日本の杉に感謝しよう」

駒村さんのお線香は杉100%です。

こちらの杉水車線香、灸用に比べると細い(太さ約2mm)のですが、しっかりとしていて折れにくいです(原料のせいでしょうか?)。

煙は、普通に立ちますが、添加物が入った煙とは違いますよね。

こちらに紹介されている、煙にまつわる意外な話(強調は引用者付与)

さらにもっと驚いた意外な話がある。
最後に「いま喉をいためているお坊さんが多いんですよ」とおっしゃった。なぜなら大量生産されている市販の安い線香

には様々の添加物ぜられているからだとか。特に東南アジア産の線香は問題があるとおっしゃる。確かに、お坊さんは毎日読経するたびに線香を炊いて、毎日線香の煙を吸っているはずだ。線香の煙に含まれた添加物成分を1年間も吸えば喉も痛もう。そうして、喉を痛めて最後に線香が原因だと気づいたお坊さんが、本物の線香を求めてたどり着くのがここだそうだ。

これも、ある種の副流煙問題ですね。

香りはもちろん、木の香り。杉100%ですから!
白檀や沈香など香木の香しさとは異なりますが、素朴なアロマです。

職人の手で作られた線香、ゆっくりと、原料となる杉と水車を回す水と対話しながら作っている様子が伺えます。 


ニッポン手仕事図鑑 × 駒村清明堂

線香も生きている!

 

人生は面白い。