ソウル・オブ・マネー

昨年の6月に図書館で予約していた『人類最大の秘密の扉を開く ソウル・オブ・マネー 』が、ようやく手元に来ました。 結構な予約順位でずいぶん待ちましたが、読み始めると、このタイミングで読む本だったのだと思わざるを得ません。 秋くらいから自分の中で起こってきた「ミニマリスト」的価値観ともリンクする内容でいて…