一香堂(ひとかどう)の身辺雑記

人生面白がる!一香堂はり灸師@神楽坂の気まま綴り

喉が痛かったのは・・・

昨日、久しぶりに、自分のために鍼を受けてきました。

と書いてから、「ほんとに久しぶり?」と思って確認してみたら、前回は2月29日でした。

・・・となると、久しぶりでもないですね。
通常モードでも、2ヶ月に一遍くらいは鍼受けていなので。

それだけ、この自粛期間中、私の時間感覚が大きくねじ曲げられていた、と言えるわけで。

世界自体が変わってしまった、とも言えます。

私の仕事自体はリモートワークができる類のものではなく、仕事量は減少しましたが、生活サイクルとしてはあまり変化ありません。

電車に乗って仕事に行き、仕事を終えたら、電車に乗って帰る。

サイクルが変化ない分、外の様子の変化はひしひしと感じました。

電車はかつてないほど空いていて、ある意味快適です。

人通りに関しては、東京駅や銀座、新宿駅界隈の方が完璧なソーシャルディスタンシングが可能で安心な感じ。却って、近所の商店街の方が密集していて、危険を感じました。

それでもGW明けて今週は、ちょっと人増えていました。通常よりはまだ圧倒的に少ないけど。明らかに空気は変わってきました。

自粛期間は、精神的にも魂的にも濃密な時間だったかもしれません。

話ズレました。

すんごい久しぶり〜、と思っていた鍼は、やっぱりいい!!

セルフケアで毎日お灸はしているのですが、自分で鍼するのは時たま。鍼は人にやってもらった方が効きめがいいと感じます。

ひととおり施術が終わり、帰り間際に「声が大きくなりましたね」と言われ、そういえば・・・と思い当たる節あり。

患者さんへ話かけるとき、ずっとマスク着用なので、声張りますよね。

特にご高齢の方からは「何言っているのかわからない」と度々言われますので、よりはっきりと大きな声がデフォルトになっているんでしょうね〜。

もひとつの原因は、Zoomレッスン、かも?

この状況下で、Zoomでセルフお灸レッスンをやり始めました。

対面せずに大丈夫なのか?という当初の懸念は早々に払拭され、オンラインの距離感を心地よく感じたのは想定外でした。

オンラインは、参加者一人ひとりの距離感が等しい、んですよね。プレゼンスが平等、という感じ。

リアルだと、個々が醸し出すフィジカルな存在感の凸凹を感じます。
意識・無意識にかかわらず、場を支配する人したい人がいる場合、大部分の注意がそちらに流れてしまったりして(流されやすい自分が原因なのだけど)・・・

オンラインだと参加者みんな同じ範囲のビューなので、その凸凹がとっても少ないなー、と。それを私はポジティブに感じています。

こんな記事、見つけました↓
www.vice.com

多分、通話相手と物理的に近くにいない、という状況を穴埋めしようという気持ちからだと思います。という件を読んで、私にもそんな気持ちが起きていたのかも…と思った次第です。

あれ? じゃあ・・
仕事後「なんとなく喉が痛いわー」って感じていたのは、声張っていたから??

haha、そのせいか・・・

も、もしかして、新コロ???? って、ビビリの私は心配してました 笑

f:id:hitokadoh:20200516173820p:plain

あ!でも引き続き、養生ですよ!!

 

人生は面白い。

 

お得なタオパッチのキット「免疫システムブーストキットが登場しました!!

ウェブサイト:東京都 神楽坂・西荻|はり灸 一香堂|鍼灸でいのち磨き
タオパッチ:タオパッチ 量子デバイス | 東京新宿区 | タオパッチ体験会@神楽坂、鍼灸師がアドバイス
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttp://www.instagram.com/hitokadoh/