一香堂(ひとかどう)の身辺雑記

人生面白がる!一香堂はり灸師@神楽坂の気まま綴り

自愛を育てていこう

それは「原因」か? それとも「結果」か?

鶏が先か卵が先か問題、です。

その答えはどっちも正しくて、単に、世界の見方の違いなんでしょう。

だから、思わしくない「結果」をどうにかしようと思って、いろいろ手を尽くしやってみたけどどうにも解決されないとき、逆の見方を採用してみると、するする〜っとクリアになったりします。

あなたがもし「自己嫌悪」で苦しく感じているならば、こちらの本をぜひ読んでほしいです。

あなたが生きづらいのは「自己嫌悪」のせいである。 他人に支配されず、自由に生きる技術
 

帯の言葉、シンプルなだけに、ズバッと心にきます。

自己嫌悪は「結果」ではなく、「原因」である

何かをした結果、感じてしまうのではない。
もともと自己嫌悪があるから、自己嫌悪を感じるのだ。

「自己嫌悪」を感じる状況、「自己嫌悪」を感じる相手。
私たちは、自分の外にある状況・相手が原因だと思い、それらをなんとかしようと対処します。
「〇〇のせい」で、自分は(結果として)自己嫌悪を感じている、と思うわけです。

ではなく、あなたが「自己嫌悪」を感じていなかったときにも、それはすでにあったのですよ、ということです。

この本の著者は、安富歩氏。

初めて安富氏を知ったのは、ビデオニュース・ドットコムで、東大話法のことを話されていたとき。
この番組で紹介されていた 『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―』も面白かった。

youtu.be

次にお見かけしたら、「女性装」(女装ではなく)されていた!

「エッ?!同じ人??」と再確認しましたが、かなり似合ってらっしゃる。
gendai.ismedia.jp

そして、昨年村本さんと宮台先生のトークライブに行ったとき、そこで会った方から、安富氏が東松山市長選の選挙活動中だと。

hbol.jp

www.sankei.com

すごいです!自由です!
自分の理想に向かって行動していく美しさ、強さにインスパイアされます!!

あまりの変貌ぶりに感動して、『あなたが生きづらいのは「自己嫌悪」のせいである。 他人に支配されず、自由に生きる技術』を手にとりました。

安富氏が、半世紀以上自己嫌悪に苦しめられてきた、という「自己嫌悪」。
十数年間、その問題にガチに正面切って取り組み、徹底的に考えた結果、の本ですね。

心理学の専門家、カウンセラーじゃない方が書いているっていうのが、いいのかもしれない。体験から生まれた言葉だからかな? 

やっぱり、自愛=自分自身を大切にする、ですね…注:自己愛とは違います。

自愛から生まれてきたものじゃないと、いずれは破綻します。

自愛は一気に育つものではないので、コツコツ自愛を育てていこう。

それで世界は変わります!

全ては自分の中にあるのだから。

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:東京都 神楽坂・西荻|はり灸 一香堂|鍼灸でいのち磨き
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttp://www.instagram.com/hitokadoh/