hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

古武術介護で、身体の可能性に目覚める

興味があった、岡田慎一郎先生の古武術介護の講座に行ってきました。

www.asahiculture.jp

4時間長いな、と思っていたのですが、岡田先生曰く、ご自身の講座としては短いそうで。

「身体を動かすとあっという間ですよ」という言葉どおり。

内容が充実していましたので、終わってみれば、もうちょっとやってみたかった、という印象でした。

以前ブログで、岡田先生の本を紹介しました。

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

本だけでも、もちろん参考になりますが…

やっぱり、初めは講座なりで教えてもらった方が、断然いいです。

なぜならば、古武術をやられている方は別として、身体の振る舞い方が全く違うからです。

どうしても、何かを動かそうとすると、つい、筋力を使ってしまいます。

古武術を応用したこの方法は、力を込めないのが基本です。

身体の軸の移動によって、ホントに、いとも簡単に(慣れるまではコツ、練習は必要ですが)、人の身体を支えたり移動することができます。

小柄で痩せ型の私も、難なくできました!

講座では、力任せにやる方法と古武術テクニックを使った方法、両方をやってみるように言われるので、その違いが身体でわかります。

筋力がない人だけでなく…

筋力に自信のある人にも、ぜひ知っていただきたい!!
長期間筋力だけに頼ることは身体の負担になり、故障の原因になります。

古武術を応用した身体の使い方は、自分の身体を最大限に活かすためにも知っておいた方がいいですね。

この身体の使い方は、介護をする人の負担が減るのはもちろん、介護をされる人の負担も減る、ということがわかりました。

力任せに身体を移動させられるのは、実際かなり苦痛です。
自分の身体が、重い塊に感じられ、「モノ」になったような感覚がします。

一方、古武術介護を使った場合は、自分の身体を軽く感じ、動きが生まれ、自由度が増したように感じます。
介護される人の、身体のポテンシャルも上がりそう。

実体験すると、ホント驚きますよ!

筋肉鍛えるのも悪くはないですけど…

身体の使い方でここまで変わるのか!!というのを、ぜひ知ってもらいたい。

岡田先生がおっしゃっていたように、「私たちの身体って賢いんです」。

そう、私たちはすでに、賢い身体を持っているんですよね。

ただ、それを生かす術を知らなかった。

・・・なんてもったいないことでしょう。

古武術介護で、私たちの身体の可能性に出会いましょう!

岡田先生のサイトには講座予定が掲載されていますので、ぜひ一度参加してみてください。
shinichiro-okada.com

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:東京都 神楽坂・西荻|はり灸 一香堂|鍼灸でいのち磨き
タオパッチ:タオパッチ 量子デバイス | 東京新宿区 | タオパッチ体験会@神楽坂、鍼灸師がアドバイス
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttp://www.instagram.com/hitokadoh/