hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

訪問鍼灸で「青江のママ」を知る

訪問鍼灸の仕事も始めてから、ご高齢の患者さんとの出会いが増えました。

90歳超の方も数名、いらっしゃいます。

もちろん、メインの目的は「施術」ですが、超高齢の方の場合、意識的に「お話しする」ようにしています。

私は施術中、基本自分からはしゃべらない派です。

患者さんがのお話に相槌打つ、とか、何か聞かれたらお答えする、とかはしますし、こちらから質問することもあります。

けど、施術中会話を引き出そうという意図は、あまりありません。

注:おしゃべりしたい患者さんは、ガンガンおしゃべりされても一向に構いません。そういう時は、一緒に会話します。

でも、超高齢患者さんの場合は、逆です。

自分から、話しかけていろいろ質問します。

目的は、そう!「脳トレ」です。

一見それっぽく見えないけど、コミュニケーションって、脳のいろんなところを使ってかなり高度な処理が必要とされます。

施術はからだへの刺激となりますから、それだけでも脳にとって良い影響を与えているとは思います。

どちらかというと、施術は「受動的」です。

ここに「能動的」を追加したい、

ので「会話」です。

ぶっちゃけ、私はおしゃべりの達人でもないので、盛り下がることもあり⤵︎⤵︎メゲますが (^^;
脳トレ」提供という大いなる任務があるので、さむ〜い瞬間も耐えられます 笑

でも「さむ〜い」だけではありません! 

よく言うじゃあないですか、「人に歴史あり」 。

本当にそうなんです!!

疎開していたときのこと、軍需工場で働いていたこと、結婚されたときのこと、お子さん・お孫さんのこと、ご主人が生きていたときのこと、亡くなったときのこと。

世代が違うのでなおさら、なのかもしれませんが、まるで映画を見ているような気持ちに、しばしばなります。

いつも面白いお話をしてくださる女性(仮にAさん)がいます。

Aさんのお話にはシリーズがいくつかあるのですが、その一つに「青江のママ」話があります。

ある日、Aさんが「青江のママって知ってる?」と聞かれ、その時、男芸者という言葉も初めて聞きました。

その世界では伝説のママ、だそうで。
同じ呉服屋さんで、青江のママに出会ったんですって。

青江のママ話をするときは、いつも「ま〜、きれいだったよ〜」と声が裏返りそうになるくらい美貌を褒めてから、

ママとお店の子たちと一緒にタクシーに乗ったとき5人になっちゃって、ママが「膝に座ればいいじゃない」と膝に座らせてもらった、とか、
ママが銀座のあと横浜で開いたお店に、男芸者の〇〇ちゃんと一緒にタクシーで行った、とか、

いう話を楽しそうにされるのでした。

あまりに楽しそうにお話されるので、「青江のママですね。ネットで見てみますね〜」と言いました。

その後も「青江のママ」は何度か話題に出てきて、その度に同じ思い出話をしてくださいました。

最近は「青江のママ」シリーズ、出てきてないな〜。

そういえば、20代後半にショーパブ(ギャルソンとか金魚)何回か行きましたね〜。懐かしい〜(遠い目)。

今ググったら、ギャルソンパブは2017年に閉店してました。

金魚はまだやっていますね。私が行ったのはもう20年以上!前なので、いろいろ変わっているでしょうね。
www.kingyo.co.jp

青江のママのお姿は、こちらのブログで見れました。確かにお美しい。
も出されていたんですね。

ameblo.jp

 

・・・とまぁ、訪問鍼灸、いろんな意味で勉強になってます。

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:東京都 神楽坂・西荻|はり灸 一香堂|鍼灸でいのち磨き
タオパッチ:タオパッチ 量子デバイス | 東京新宿区 | タオパッチ体験会@神楽坂、鍼灸師がアドバイス
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttp://www.instagram.com/hitokadoh/