一香堂〜hitokadoh〜の身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

『寂しい生活』に共感しきり

2ヶ月ほど前に友人が「面白いよ」とおすすめしていた、稲垣えみ子著『寂しい生活』読みました。

寂しい生活

寂しい生活

 

稲垣えみ子さんのことは、数年前にその友人が教えてくれました。

ので、AERA dot.に書かれている稲垣さんの記事は、ときどき読んでいました。

dot.asahi.com

今回初めて本を読んだのですが、稲垣さんとの共通点をたくさん発見。

同世代、独身一人暮らし、同じ時期に会社を辞めた、3.11がいろんなきっかけになった、などなど、親近感と共感がもりもりでした。

ま〜、さすがに稲垣さんほど突き抜けていませんが。

テレビ、電子レンジはありませんが、冷蔵庫・洗濯機を捨てる勇気はまだありません…
酵素玄米を食べているので、炊飯器も捨てられないな〜。
服も、フランス人レベル(10着)にはほど遠い・・・徐々に減ってきてはいるけど。

お風呂で本を読むのが好きなので、銭湯はちときついな〜。
やっぱ、内風呂は欲しい!

自分では、所有欲が減ってきた?と思っていたが、こうして書いてみると、私の所有欲はまだまだ健在ですね。

モノの数を減らすことを目指すのは、数年前にやめました。

けど、身の回りのモノをときどき再確認することは大事ですね。
今の自分にとってどうなのか?

今の自分に合っていないモノは手放し、衝動のみで買わない、と心に決めています。

とか言いつつ・・・

半年前に買ったバッグ、自分では衝動買いじゃないはずだったのに、どうも使う気にならず。使わない理由はいくつか見当たっていました。 
しかし!もったいないお化けが取り憑いていて、手放すことができずそのまま放置。
先日ようやく、もったいないお化けが去り(さようなら〜〜)、やっと譲ることができました。 

自分では「悟った」風に思っていたのにな〜、忘れたころにメラっと再燃します。

ま、人間だものね…

寂しい生活』読んで、私の「豊かさ」に正面から向き合ってみよう、と思っています。

つまり何かをなくすと、そこには何もなくなるんじゃなくて、別の世界が立ち現れたのである。もともとそこにあったんだけれども、何かがあることによって見えなかった、あるいは見ようとしてこなかった世界。

便利なものに囲まれていた私の暮らしは、いわば、必要な栄養や薬を補給してくれるたくさんのチューブにつながれた重病人のようなものではないか。

生きるってね、面倒くさい。
でも面倒くさいからこそね、素晴らしいんだ。

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:東京都 神楽坂・西荻|はり灸 一香堂|鍼灸でいのち磨き
タオパッチ:タオパッチ 量子デバイス | 東京新宿区 | タオパッチ体験会@神楽坂、鍼灸師がアドバイス
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttp://www.instagram.com/hitokadoh/