hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

自分のマニアック好きが露呈した『ボヘミアン・ラプソディ』

ようやく『ボヘミアン・ラプソディ』を見てきました。

SNSから周りの人から「感動した!」「よかった!!」という声多数。

でも今まで見にいかなかったのは、そこまでクイーン愛がないので「どうかな〜〜??」と思っていたから。

ま、でも…

ライブエイドの時代にノスタルジーもありました、ので。

当時、バンド・エイドの"Do They Know It's Christmas?"のPVに、普段は一緒に見れないアーティストたちの勢揃いぶりを見て驚いたし。


Do they Know it's Christmas ~ Band Aid 1984

当時勤めていた米系企業での企画会議(お手伝いで参加)最終日に、役員含め参加者皆で"We Are The World"を熱唱、盛り上がったこともあった。


USA for Africa - We are the World

とにかく見に行こうと。

ライブシーンのために、IMAX上映選んで行ったさ。

観客は、ガチリアル世代はもちろん、若い人たちもいて、幅広かったです。

えっと、感想は「ま〜いいんじゃない」。

フレディがゾロアスター教信者だったとか、意外なことも知りましたし、
レコーディングシーンはワクワクしましたし、
ラストのライブシーンは、IMAX効果も相まって(たぶん)テンション上がりましたし、
クイーン・メンバーを演じた役者の方々の、激似ぶりにも驚きました。

等々良い点もあるのですが、見せ場のライブシーンにたどり着くまでに飽きてしまっていました。でも、懐かしい気持ちにはなりましたよ。

何でハマらなかったのか?

思いつくのは、フレディ、でしょうか…

「フレディ、もうちと美しかった」と思ったわけです。

フレディ・マーキュリーをあそこまで違和感なく演じたラミ・マリックは素晴らしい!、とは思います。

役者は演じるわけですから、本人とは違います。 

ということも十分わかりつつ、イマイチ映画に集中できなかった。。。

当時の記憶がある分、「なんか違う」感があったのかも…


Queen - Live at LIVE AID 1985/07/13

でも、私の両隣の方たちは、もれなく感動で涙ぐんでいましたよ。

隣のリアクションがモロわかりだったってことは、やっぱり映画見ながら冷めていたのでしょうね〜。

ハマらなかったもう一つの理由は、こちら↓の記事を読んでわかりました。
popleta.goo.ne.jp

マニアックに入り込まず間口を広く取った 映画なので、どこも中途半端な印象が私には残ったのかな〜と。

どうやら、私マニアック好きなのね。 

ま、この映画でクイーンがさらにレジェンドになったってことでいいかと・・・

後日、友人に「ボヘミアン・ラプソディにハマらなかった」と言ったら、『翔んで埼玉』を勧められました。
エ?それ??、と思いましたが、今度見てみっか。

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:東京都 神楽坂・西荻|はり灸 一香堂|鍼灸でいのち磨き
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttp://www.instagram.com/hitokadoh/