hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

鍼を通して「ひと」と出会う

約一ヶ月前に別ブログに書いた、注射嫌いだという初鍼の患者さん(仮名 Wさん)。

hitokadoh.hatenablog.com

鍼を氣に入ってくださり、11月は「はり灸基本+美容鍼灸」の30日間集中コースを受けてくださいました。

なぜ集中コースを受けようと思ったかというと、初鍼を受けた後に良い結果が得られたから、であるのですが。

その答えは「いつも食べ過ぎるとポコっと出るお腹が、鍼を受けた後はそのお腹がいつもより出なかったから」ということでした。

平たく言えば、「ダイエット効果があるのではないか?」というのがWさんの思惑。・・・と言っても、ダイエットの必要などないWさん。

「いや、鍼だけでは痩せませんよ」と念を押した上で、二、三質問させていただきました。
「お通じは?」「尿の回数、量は?」「汗かきました?」

答えはどれも「別に変わりませんでした」。

う〜〜ん、と考え込む私。

代謝が上がったような様子はない、のに、巡りは良くなっているご様子…

「何でしょうね〜〜」 とさらに考え込む私を見て、「そんなに変ですか??」と逆に心配させてしまいました。

「あと考えられるのは、感情とか精神面ですかねぇ」と七情を持ち出した私。

「あ、それかも・・・」Wさん、思い当たる節があったご様子。

集中コースの間は、週一の鍼を楽しみにしてくれて、毎回毎回のご報告を私も楽しみにしていました。

集中コースの最終回は、「来週から大丈夫だろうか?依存状態になっていないか?」と少々ご心配されていました。

が、一ヶ月前とは確かに変化しているWさんの様子から、それは無用の心配であることをお伝えしました。

ま、お疲れのときは、また鍼のお世話になっていいわけだし。

最後は、仕事に関する相談、みたいになり…かつての会社員経験が役に立ちました(^^)

組織で働く、というのは、いろいろありますよね〜。

「組織の論理」がありますし…とはいえ「個」を殺して働くのは辛いです。
何も言わずにただ従うっていうのは、いつかどこかで自分の中に歪みが生じます。

自分の現状、考えを伝えることは大切だと思っています。伝えたからといって、自分の要求通りにはならない可能性はあります。

でも伝えないと、自分の現状をわかってもらえない…

「どう伝えるか?」ですね。

伝えているうちに「愚痴や文句」にならないように注意するのは大事かな、と思います。いくら注意していても、相手のあることなので、聞く人の「聞き方」に大いに影響されますが…

伝え方も練習ですから、何度も「伝える」ことをしていれば段々とうまくなっていきます。だから、伝えることを諦めないでほしいなぁ、と願っています。

ん??鍼とは全然関係ない話になってしまいました(汗)

つまり・・・
鍼を通して、私は「ひと」と出会っているのだな〜、ということですかね。

ちなみに、30日間集中コースとは、30日間の期間に3回分の料金で4回施術が受けられる、というお得なコースです。宣伝です。
オーソドックスに毎週1回づつ、でもよいですし、最初の週に2回受けた後、残りを10日間隔で、というのもよいでしょう。

集中コース設定のきっかけは、お正月休みのとき連日、両親を施術したことの結果でした。詳しくは、こちらの後半部分をご一読ください。

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:東京都 神楽坂・西荻|はり灸 一香堂|鍼灸でいのち磨き
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttp://www.instagram.com/hitokadoh/