hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

「失念」ってそういう雰囲気なの?

昨日電車に乗っていたところ、こちらの本の広告が目に入りました。

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ 【超「基礎」編】

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ 【超「基礎」編】

 

 広告中の「失念しております」の部分で目が止まりました。

「失念しております」
  ⬇️
「本当は知っているんだけど…」という雰囲気が出せる便利な言葉

ですと?初耳です!!

「失念しておりました」と言う表現、よく使っていましたが、「忘れていました」の丁寧語として使っていました。

「ド忘れ」は「本当は知っている」と言えるのか、ちょっと微妙な感じがいたしますが…

それにしたって、「『本当は知っているんだけど…』という雰囲気が出せる」ってなんとなく印象悪くない?
策略めいた匂いを感じてしまうのは、私だけでしょうか…

この解釈知ったら、これから「失念」って使いづらいな〜。
私は単に「忘れた」と言うことを伝えたいだけなのに、変な含みを感じてしまいます。

この解釈、本当にそうなの?
皆さん「失念」という言葉にそういう雰囲気も感じとっているんですか?

実際本を読んでいないのでわかりませんが、本の中身では詳細な説明がされているんでしょうか。

どなたかご存知でしたら教えてください。

 

人生は面白い。 

 

ウェブサイト:古民家で鍼灸@神楽坂/西荻窪〜はり灸 一香堂
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttps://www.instagram.com/hitokadoh/?hl=ja