hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

タイトルが響くんだな

今朝もまたもや、映画『おだやかな革命』ネタです。何度か書いているこちらの映画ですが…

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

何故だろう?と考えてみました。

  • 内容がいい。
  • 生活クラブの取り組みが紹介されている。
  • 見ると元氣が出て「未来を作っていくのは自分たちなんだ」と前向きになる。

と、ごく当たり前なことが浮かんできたのですが、前述の朝日新聞Digitalの記事を読んで氣がつきました。

そう!タイトルです。やけに響くのです、この『おだやかな革命』が!

「革命」と聞くと、フランス革命、とか、産業革命、とか、歴史的イベントが連想されます。そしてラジカルなイメージ。何かが勃発して、世の中がワーワーってなって、シャキーンと刷新!という感じ(注:あくまでも私のイメージです)。

後世から見ると、一絡げにまとめちゃって一つのイベントに見えます。その時代を生きていた人たちはおそらく、その革命中にも変わらない日常も生きていたはずで…だから、「革命」は私がイメージしていたより、もっとゆるやかで「おだやかな」ものなんじゃなかろうか、と思った次第です。

上から下への流れ、ではなく、芽吹いてきたものが横につながっていく流れ。いわゆる「草の根」ってやつです。とても水瓶座時代的です。

そう、水瓶座時代の空氣がいっぱいなんだな〜、この映画。

記事によれば、こちらのタイトル、渡辺監督の奥様の一言から思いつかれたようです。奥様のセンスに拍手!

映画を観た直後に自分でも書いてますが、「おだやかな革命に参加」したい、のだな。

自分がやっていることで「おだやかな革命」を広げたい!のだ。
はり灸を受けた方々におだやかな革命を起こしたい、と細胞たちが震えます(なんのこっちゃ)。

それって何? ってことですが…からだの中にある、いのちの響き、いのちの共鳴を思い出す、って感じですかね。さらに抽象的になってしまった…

前回から共鳴つながり、ってことで、今日はこれまで。

 

人生は面白い。

 

ウェブサイト:古民家で鍼灸@神楽坂/西荻窪〜はり灸 一香堂
Facebookはり灸 一香堂 - ホーム | Facebook
Twitter一香堂 (@hitokadoh894) | Twitter
Instagramhttps://www.instagram.com/hitokadoh/?hl=ja