hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い…はず。はり灸師@一香堂 in 神楽坂、好き勝手に綴ってます

酪農ヘルパー

今朝ラジオを聞いていて、酪農ヘルパーという仕事のこと初めて知りました。

www.tbsradio.jp

酪農家は、生き物相手だから、1日もお休みが取れません。
ほとんどの牧場は家族経営。となると、家族旅行なんて行けません。

そこで酪農ヘルパーが登場。酪農家に代わって、搾乳や飼料給与などの作業を行う仕事に従事する人をいいます。

ラジオにご出演されていた袖ヶ浦酪農ヘルパー利用組合の組合長、金子進さん。
10年以上一泊旅行をしたことがなかった。酪農ヘルパーのおかげで、10年ぶりにキャンプに行けたときのことを

「人生観が変わりました」

と語っておられます。この言葉は、それまでのご苦労を感じさせます。

こちらの金子さん、家と牧場が離れている通勤酪農家
10分くらい離れた距離なので、通勤?と思わなくはないけれど、酪農という仕事ではデメリットもあるそうです。

例えば、出産に立ち会えないとか。
牧場に通勤したら、「彼ら(牛のことね)がやっときましたって感じで」子牛が生まれていた、という話は、ツボりました(笑)

実際に酪農ヘルパーの3人のお話も。みなさん、ご実家が酪農やっていたという方ではなく、いろいろな経緯でヘルパーを知り、今従事しています。
自分とは全然違う時間軸で生きている、感じが、伝わってきました。

氣がつかないだけで、すでにこの世は多次元なんだな〜。

酪農ヘルパー全国協会のサイトには、ヘルパーガイド、仕事募集情報や体験情報なども掲載されていますので、ご興味あったらチェックしてみてください。

f:id:hitokadoh:20171210103638p:plain

 

人生は面白い。