hitokadoh姉さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

牛乳石鹸CMの意見あれこれから思う

つい先日、牛乳石鹸のCMが世間で話題になっているらしい、と下記ブログで知りました。

pokonan.hatenablog.com

私はテレビなし生活なので、実際CMを見たことはないのですが。。

ブログで紹介されているリンク先で初めてCMを見ましたが、確かに「意味不明」でした。

ま〜、作り手(牛乳石鹸側か電通側か?または両方か)の中に、こういう思いを持った方がかなりいたんでしょうね…迷えるお父さんのボヤキが聞こえるような感じがしました。
きっと、「お父さんが大黒柱」「男は黙って云々」的な昭和ノスタルジーが漂う男たち(のみ)で盛り上がった…臭が感じられます。「お父さんは大変なんだ」と言いたかったんでしょう。

流れで偶然目にした「かおる物語」が、結構グッと来たりして。

www.cow-soap.co.jp

 

そしてまた、今朝目にしたこちらの「牛乳石鹸CM」投稿にも共感しました。この落ち込み感、疲弊感、わかる氣がします。そして、時々襲って来ます。

fujipon.hatenablog.com

ここでふと思いました。

結局、あることに対して「ああでもない」「こうでもない」と自由に自分が思ったことを表現できるってことが素晴らしいんだよな〜、と。

正しいとか間違っているとか、そういうのはどうでもよくて(多少はどうでもよくないけど)、いろんなひとの、いろんな意見・考え方・思いに触れることができるっていうのがいいんだ、と思います。

昔ネットがなかったときって、世界は狭かった。周りって今よりもっと限定的でした。

情報源がありすぎることの弊害はもちろんありますが、「世界は広い」と感じられる今の方が私は氣に入っています。

数日前の終戦記念日にシェアされた体験談数々を読んだせいかもしれません。

自由に表現している、できていることの有り難さを妙に感じた今朝でした。

 

人生は面白い。