読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

早め早めに

昨日の午前中少し身体が冷えたせいか、午後から具合がわるくなってきました。

身体がちょっと重だるく、頭が痛い。氣が上に上がって、足が異様に冷えた状態。これは「風邪のひきかけかも」

その日の夜はちょうど、鍼灸師仲間と相対練習をやる予定。そこで、治療してもらおう!と思い、重だるい身体と一緒に、練習に向かいました。

脈はとても正直です。治療前の脈は、いつもの私の脈と違ってる。からだに、なかなか鍼が入らない様子。

いつもは、数本の鍼で反応して脈も整うのですが、なかなか整わず…

ある程度よい脈が出てきたところで、足指に井穴刺絡(せいけつしらく)をやってもらいました。刺絡とは、主に手足の爪の際にあるツボ(手足以外にもやります)に専用の鍼を刺し、ごくわずかに(玉状)出血させる治療法です。

今回は、いつもより黒っぽい血が、いつもよりいっぱい出ました。

やっぱり、刺絡は効果が早い!刺絡おそるべし!!
上がっていた氣が下がってきて、足が温かくなってきました。ようやく、からだの中の氣の巡りを感じられました。

そして、その後、初ネパール棒灸やっていただきました。温める力は、とってもパワフル!ネパール自生のよもぎだからでしょうか?治療中に汗ばんできました。

今度、自分の治療にも使ってみたいと思いました。

治療後、頭痛と足の冷えもとれて、全体にすっきり!いい感じです(^^)

 翌朝、目覚めすっきり、昨日の風邪はどこへやら〜〜。快調でした!

早め早めに対処すると、回復も早いですね。実感しました。

 

それにはまず、微かな変化も感じとれるからだであることが重要です。

自分はどんな呼吸をしている?自分はどんなふうに歩いている?どんな座り方?そのとき、からだのどこが力んでいて、どこがゆるんでいるか?

じぶんのからだを感じる。

やればやるほど、あなたのセンサーはさらに精細になっていきます。やればやるほど、あなたとからだは仲良くなります。

からだは、あなたとともに生きるバディですからね〜♡

 

人生は面白い。