読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

不食の方の鍼治療

はり灸
先日、大阪へ行く予定がありまして、そのタイミングで、不食で有名な森美千代先生の鍼灸院で治療を受けてきました。

森先生は、21歳のときに小脳脊髄変性症という難病に罹りました。難病の診断を受けた森先生は、以前からご存知だった甲田光雄先生を思い出し、甲田先生に診察をお願いされました。甲田先生は「断食で治る」と言われ、それから森先生は、甲田先生のご指示のもと西式甲田療法を実践され、その難病を克服されました。

西式甲田療法については、こちらのサイトをご覧ください。甲田光雄先生の著書もご紹介されています。


「森先生の治療を受けてみたい」と思って森鍼灸院へお電話したのが、約一ヶ月前。8月8日の初回に予約しました。

場所は、近鉄八尾駅から歩いて10分ほど。
Yahooの乗換案内とYahoo Mapを駆使して、難なく鍼灸院には到着できました。初めての土地でも、スマホがあれば大丈夫 スマホのある時代でよかった〜

広い待合室には、甲田療法で使われている枕、柿茶、サプリメントなどが陳列されていて、自然療法の雑誌がたくさんありました。

受付の方が、私が記入した問診票をみて、「東京からいらっしゃったんですね。最近東京からの方多いんですよ。」とおっしゃいました。
「森先生、有名でらっしゃるからじゃないですか」と答えて、診察室に案内されました。

初めてお会いした森先生は小柄で、厳重なマスク(くちばしみたいな形のやつ)を着けていました。マスクであまり表情は見えません。お声は高めで可愛らしい印象です。

鍼灸院のサイトにも書かれているように、先生の治療はまず脈診をされ、接触程度の軽い鍼です。
お腹に置き灸をしている間、磁石(?)を両手ににぎって安静にしています。
スピリチュアル気功もしていただきました。

森先生による診断は、「胃、肝臓が少し弱っている。首、膝が悪い。」「まあ、そんなに重くない。大体、健康です。」とのこと。
治療後に、食事療法、運動のアドバイスがあるそう。

森先生の治療は、30分くらいだったでしょうか?優しくてリラックスする治療でした。

鍼治療の後は、別のベッドに移動して、今度は全身磁気治療。からだ全体のエネルギーの巡りがよくなるのでしょう。眠くなりました。
終わった後しばらく手がピリピリしていましたが、全体的にスッキリしました。

これで治療は終了となりました。

治療後は、受付の方(助手)が、玄米クリーム食事療法と首の運動を教えてくれました。

首、肩こりにも良いということだったので、ずっと氣になっていた木枕を購入。
目安として、手の薬指の長さと同じ高さの枕を選びますが、実際試してみてから購入した方がいいそうです。
私の場合、指の長さで選ぶと小サイズでしたが、実際寝てみて普及サイズにしました。


この後、住吉大社をお詣りする予定だと受付の方にお話したところ、森鍼灸院でお詣りしている枚岡神社をご紹介いただきました。その方も神社好きで、しばらく神社談義で盛り上がりました

その日は、枚岡、住吉と神社のはしごをして、東京に帰ってきました。



そして、木枕を使用して、今日で5日め。

効果のほどは次回書きます。






人生は面白い。