読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

世界は誰が創る

もう終わりだ…
と思っていたら、実は、それは始まりだった。

糞みたいだ…
と思っていたら、実は、それは芽吹く土だった。

どん底だ…
と思っていたら、実は、そこは新しい世界の天井だった。

ひとりだ…
と思っていたら、実は、いつも一緒にいるあなたが、近すぎて見えていないだけだった。

「世界は、あなたが作っているんだよ」

それを聞いたときは、

「何、きれいごと言ってるんだ。お前にわかるか!」
って、ムカついたけど、

ムカついてたのは、もう死ぬ間際の、古い私だった。

今の私は、その、あなたの言葉に、そのとおりだって言えるよ。

あなたの世界は、あなたから湧き出て、廻りに広がってゆくよ。

あなたは、どういう世界の人になりたい?


それが決まったら、ただ選べばいい。
ただただ選び続けていけばいい。


人生は面白い。