hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

どう使う?

東日本大震災のあと、しばらくして、ふと思いました。

「このいのち、使わなければ」「使わなければ、死ぬに死ねない」

思いました、と書いたけれど、衝動に近い感じ。

 

11歳の夏休み、ふと湧いてきた問いかけ。「なんで、あたしは生きているんだろう?

当時「死にたい」って思っていたわけでも、生きるのに疲れたってわけでもなく、その時の私にとっては、「今日の晩御飯、何かな?」と同じくらい自然に出てきた問いかけでした。

その年の夏休みは、暇さえあれば、自宅の二階の北側の窓から、青い田んぼと裏山をぽけ〜っと眺めながら、考えていました。

「なんで、あたしは生きているんだろう?」

今思うと、その問いかけ自体が生きていくエンジンになっていたのかな、と思います。「知りたい」から出てきた問いかけではなく、日々生き続けていくための問いかけ。

今の私はなんて、答える?

あの頃の私を納得させるような答えは、まだないんだけど、ただ、いのちは生きたがっているってこと、はっきり感じるよ。

生きたがっている、いのちをどう使う? いのちはどう使われたがってる?

その答えは、私だけが知っている…のでしょう。たぶん、きっと。