読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

学びと真っ新

心のつぶやき はり灸

今日の鍼勉強会後の、ひとり妄想です。

いのちがより生き生きとするような治療を提供できるよう、いろいろ学んでいるわけなのですが、患者さんのいのちに出会うときは、知識が詰まった頭を、ある意味、とっぱらった方が、いのちの声が聞こえるってことがあるのかもしれません。

だからといって、学びが無駄というわけではなく、学んだことが自分の血肉になると、より様々な声が聞こえてくるってことがあるのかもしれません。

「地図は、土地ではない」

学びは、より詳細な地図を与えてくれるけれど、そこの風景そのものではない。

地図から一旦目を離して、現場を五感フル活用で体験する。

治療もそんな感じでしょうか。

学んで、捨てて、まっさらになり、いのちと出会う。そして、また学び、またまっさらになる。

一期一会ですな。