hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

微食家

2015年となり、早10日経ちました。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

今年のお正月は、3日から2泊3日の半断食合宿に行った昨年とは、大違い。食べて飲んでのお正月でした! 食べる喜びにどっぷり浸かりまくりました、ほんと(笑)

しかし、からだは正直です。

4日の夜に、ちょっと風邪かな?と思っていたら、それから2日寝込みました。どう考えても、年末から続いていた食べ過ぎの解毒反応かと。。。

にんげんも動物なわけで、空腹じゃないときに食べることは、からだを虐めるのと同じなんですね。

消化は、からだにとっては大変な作業でエネルギーを使うので、からだが弱っているときに、いっぱい食べるのは逆効果。

と私、知っているはずなのに……具合が悪くなると、まず最初にうかぶ「栄養いっぱいとらなきゃ。食べなきゃ元気にならない!」という声。

「病気のときは食べなきゃ」っていうのが、根深く刷り込まれているみたいだな〜。

もともと食の細い子供だったので、小さい頃から、あれだけ「ちゃんと食べなさい。もっと食べなさい。」と言われ続けてきたのだから、当然といえば当然です。

去年は私の断食元年だったのですが、「断食してきた」っていうと「え〜!!必要ないでしょ?」ってよく言われました。

断食が健康法として認知され始めている昨今ですが、まだまだ
断食 = ダイエット。やせるため。という認識が一般的なんですね〜。

そんなわけで、「食」のテーマが再浮上中。

そして先日「微食」という言葉を見つけました。小食と同じですが、こちらのほうが気に入りました。

これからは「微食家」と言おう♡

この週末はプチ断食で、からだをいたわります。
微食家への第一歩。

 

人生は面白い。