読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

高城剛はスピリチュアリストだったのね

ミニマリスト』という言葉を知ってから、そういう方たちのブログをよく読んでます。

読んでて感じるのは、皆さん、ご自分のこだわりというか軸がしっかりあり、
ある種の潔さと爽やかさを感じます。

物を少なく持つってことは自分との対話なんだな〜と思います。

そんななかで、知りました。
高城剛氏、ミニマリストなんですね。

こちらのブログに紹介されていた本に、高城剛の名前がありました。

realkeijp.com


沢尻エリカの元夫」ということくらいしか知らない、高城氏の本も借りてみました。

まず読んだ(というより見た)のが「LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】」。

そのなかに、発芽酵素玄米が炊ける炊飯器(うちにもあるよ)が載ってました。
ジャンキーな方(失礼!)だと思っていたのに、発芽酵素米食べてる!!(笑)

そして今読んでいるのが「SOUL RESET 魂の再起動 魂の声に耳を澄まし、未来を見通す方法」。

これが、まさかのスピリチュアル本!!

高城氏は、9.11をきっかけに、生活を変え、身体、心を鍛え、持ち物の9割をただちに処分(すごい!)。
荷物をスーツケース4個までにまとめ、世界中どこでも住めるようにしたそうです。

身体ー心ー魂を、

身体=コンピュータのハードウェア
心=CPU
魂=OS

という彼の比喩は、「魂なんてわからない」って思っている人にもピンとくるのではないでしょうか。

「システムメンテナンス(最適化)のために」「瞑想を用いて」いるというくだりは、すごく納得しました。

本のなかには、何度も『直感』という言葉が出てきます。
「直感に従う=魂の声を聞く」とも言えますね。

本の2/3くらいは、高城氏とエネルギーカウンセラーの佐藤界飛氏の対談です。

日常のスピリチュアルがわかりやすい言葉で語られていて、いいですね。
魂ビギナーの方にも、おすすめですわ。

始まり、基本は『魂』っていう世の中になってきた・・かも。
いいね!