読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

断食のその後

日記 食あれこれ からだについて

今回の坐禅断食、帰ってからの体調が、今まで一番快調です!

これまでは、断食から戻ってきて1週間くらいはからだが重くて、階段を上がると息が切れていました。

通常、断食後は「体内のグリコーゲンが通常の2倍になるので、身体が活発になり、眠気や疲れを感じにくく」なるそうなのですが。
こういうことは、私には起こってなかったのですね。

しかし!今回は違います!!からだが軽〜いのです。
もちろん、息切れもなく、頭もスッキリ。

これは、宿便が出て腸がきれいになったサインのようです。
わーい、やったぜぃ!!

と喜ぶ反面、若干気にかかることも…

実際、体重が3kg以上減ってました。

が…そもそも、私、やせ体型のため、この体重変化はあまり望ましくなく、なんか、「しぼんじゃった」感じ・・・

本来、断食後は少食にするのですが、
実際からだがしぼんだようになってくると、つい「食べねば!」という脅迫観念が出てくるんですね。

 

密かに、プラーナを食べて生きるという野望があったのですが(笑)

「食べなければならない」という怖れみたいなものが自分の中にもあったんだ〜と。

そんなわけで、「体重を戻さないと」と思って、つい食べ過ぎちゃうわけなのです。

ちょっとまずいな〜と思い、佐々木先生に聞いてみたところ、次のようなご回答をいただきました。

● だるさがなかったということは、腸の中に溜めていたものを十分に排泄できたということ。その分、体重が大きく減った。
● 食べ過ぎるとまた腸に溜め込むことになり、栄養の吸収が悪くなるので、やはり食べ過ぎない方がいい。
● 普通に食べていいので、よく噛んで食べるように。それだけで、胃腸の負担が軽くなる。
● このように食べて、胃腸の負担を軽くしていくと、スッキリしたままで、健康的に体重を増やせる。

やはり、食べ過ぎはダメですね。

この1週間で、結構自分がストレス食いをしていることに氣がつきました。今更ながら・・・
  イライラを感じないようにするために、食べる。
  焦りを感じないようにするために、食べる。

ここら辺は、今までも感づいていたのですが。

今回の大発見はコレ!

   お腹の張り(というか違和感?)を感じないようにするために、食べる。

コレってわかります?

だって、普通に考えたら「食べたら、ますますお腹が張るでしょ?」って話です。

が、実際、私、無意識にそんなふうだったようです。

分析したら、これが原因、あれが原因ってことになるんでしょうが、今回は分析しないで、自然に委ねます。

 

そのうち、氣づきが訪れるでしょう。


断食はいろいろなものを投げかけますね〜。
面白い!