hitokadoh姉さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

Thanksgiving Day

勤労感謝の日に、ある友人と会った。

しんどいプロセスの間、ふとしたときに、その人のことを思い出した。
その人が「恐い」と言っていたことを、それを聞いたときの自分は全くわかっていなかった。
ということを思った。

その人になら、話せるかもしれない。
このつらさをわかってくれるかもしれない。
・・・と思いつつ、3ヶ月が経った。

今は、その時ほど切羽詰まった感じはない。けど、ふらっと連絡してみた。

実際会うと、いろいろ話して、気がついたら6時間近く話していた。
「『話す』は『放す』だからね」とその友人は言った。

今日、その友人から、メールをもらった。

そのメールは、なんだかとても清らかで、なんだかとても美しかった。
そこには、励ましではなく、祈りのような言葉があり。
それらに、私に力を与えてくれた。

今の私には、励ましの言葉は重過ぎる。励ます人に悪氣がないのは十分わかっているが、押し付けがましく感じる。

今の私に必要なのは、直接的なしっかりとした支えではなく、
もっと微細で、形がよくわからない、でも確実に存在している、空気のようなゆりかご。

友人のメールは、まさしく今の私に必要なゆりかごのようだった。

この美しい言葉を聞くために、
この繊細なサポートに気づくために、
あのことを思い出したのかもしれない。。

とすら、思った。

と書きつつ、「それぐらいじゃ、全然割合わないよ」とブーたれている私もいるんだけどね。

ブーたれている私も、かわいいなぁ。。
と今は思う。