読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

Amazing Grace

不快を感じれば、なんとかそれを解消しようとする。
痛みを感じれば、なんとかそれを治そうとする。

身体だったら、何か病気の症状かもしれないから、病院に行くよね。


こころの場合だったら、どうだろう。

やっぱり、

不快を感じれば、なんとかそれを解消しようとするし、
痛みを感じれば、なんとかそれを治そうとする。


不快感や痛みがあったら、幸福とは感じない。

と思っていた。

それらがないことは、幸福の条件のひとつだろう。


しかし、

不快感や痛みがあることと、幸福だと感じることは、全然別のことなんだ。

ということを、つい先日体験した。


不快感と幸福感を同時に、自分のなかで感じた。

不思議な感覚だった。

不快を「楽しむ」というのとも、ちょっと違う。
ただ「在る」ことを感じている、というふうかな。


プロセスのさなか、自分の中のシャドウ(新旧おりまぜ)と直面している私にとって、
それは静かな体験ではあったが、大きな救いとなった。


痛みや不快感がいっぱいでも、落ち込む必要はないのだ。

痛みや不快感がいっぱいある私の中に、一緒に「幸福感」も輝いているのだから・・・