hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

寝る前の幻想

最近、ときどきおとづれる不思議な感覚。

夜眠りにつく直前に、やってくる。


自分がとてもいとおしく感じるのだ。

って書くと、なんだかナルシストみたい?


自分、正確に言えば、自分のからだに対してめちゃめちゃ愛と感謝を感じるのだ。

からだの叡智とか、いのちといったものに、自分は守られ支えられている、という感覚。
それらに対する、大きな信頼感。

あたたかくて、やさしくて、おおきくて、
私は私のまんま、受け入れてくれているような。
とっても大きな安堵感。

「今まで大事にしなくてごめんね」と何度も謝るうちに、それも消えていって、
過去も消えていく。

これも幻想なのでしょうか。。
幻想であってもなくても、どちらでもいいことでしょう。

幸せな幻想を見ることも、ひとつの幸せだから。