hitokadoh姉さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

10万年後って

管首相の要請を受け、中部電力が、浜岡原子力発電所の停止を決めた、とのニュース。
中途半端な感じは否めないが、それでも、新しい一歩の気がする。

でも、テレビを見てると、否定的な論調が多くて、「日本は、何をおいても目先の銭が大事な国なのね。。」と若干ブルーになった。

数日前に『100,000年後の安全』というドキュメンタリー映画を見た。


映画『100,000年後の安全』予告編

フィンランドに、世界で初めて建設されることになった、高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場「オンカロ」。
この廃棄物が生物にとって無害になるまで、最低10万年かかる!!

プロジェクトに関わった専門家たちが、いろいろ語っている。
10万年後の未来の人に放射性廃棄物の危険性をどう伝えるか?
できるだけ、その場所には近づいてほしくない。とすると、忘れ去られたほうがいいのではないだろうか?
忘れ去られた後偶然見つけれ、遺跡だと思って掘り返してしまうのでは?
誰も「絶対安全」とはいえない。

きれいな映像が却って怖さを強める。
人間はもうこの星にいることはできないかもしれない。。

見終わった後、何とも暗い気分になった。
でも、それは現実。

あなたは、10万年後と聞いて、どう思いますか?
あまりにも未来過ぎて、自分とは関係ない。と思うだろうか?

安全になるのに10万年もかかる危険なものと一緒に生きているのは、今の私達。
これは今現在のこと。遠くないよね。