読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

知ってましたか?

今回の福島第一原発事故で、原発関連のサイトがいろいろ紹介されている記事に出会う。

日本の原発奴隷」と題した記事。
「日本の企業は、原子力発電所の清掃のために生活困窮者を募っている。」というショッキングな内容だ。

そして、この記事にも登場した樋口健二氏が出演している1995年のイギリスのテレビ放送である。


Nuclear Ginza - Ginza nucléaire - 隠された被曝労働 - 日本の原発労働者 物語

 

「原爆を落とされた唯一の国が、自国の原発で同じ被害を作り出しているなんて。我々はこんな国に住んでいるんだ。」

 


先日、私は広島に行ってきた。

そして、広島にいるときに、この映像を見た。

見ながら、2日前訪れた原爆ドーム平和記念公園広島平和記念資料館の光景が思い出され、叫びとうめきと涙が一緒に出てきた。
そこでは訪れている人たち皆、その被害に心を痛め、平和への祈りを捧げていたのでは。
その恐ろしさを誰よりも知っているのが、私達日本人ではなかったか?

同時に、このことを今まで知らずにいた自分が情けなく愚かしく思った。
無知は罪なり・・・・という言葉が響いた。


知ったからといって、すぐ解決策が見つかるわけでもない。

国や電力会社を非難するだけでなく、その先に、一人一人がどう思うのか?どう考えるのか?どうしていきたいのか?と自分のこととして捉えることが大事なんだと思う。

まずは、こういう事実があるってことをみんなで知ろうよ。話そうよ。
そして、どういう未来を作るのかイメージしてみようよ。