hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

からだとこころのつながり

先週は、からだがいかに心・気持ちに影響を与えているか、実感した一週間だった。
とにかく先週はなんだか疲れていた。
目の疲れのせいか、頭痛もしていた。からだも重い。
そんな調子だから、ため息ばかりが出て、いつもはパパッとできることが全然はかどらない。

うーん、やばいなぁ・・・
という自覚はあったが、自覚があったのは、からだの調子の悪さ。

そうこうしているうちに、気持ちのほうにも影響が出てきた。
いつもは、さらっと流せることに、妙にひっかかる。
人の言葉を、なんだか意地悪な方に受け取ってしまう。
「なんで、いつも私ばっかり」と、間違った被害者意識。

その後は、怒りが出てくる、出てくる!
何でこんなことに怒ってるの?って自分に言ってみるものの、全然おさまらない。
あまりに怒りすぎて、その夜はなかなか眠れなかった。

や、やばい・・・
からだだけでなく、こころも腐ってきてる。

ということで、高橋治療院に予約を入れた。

翌日、いざ高橋治療院へ。
そこでは治療前に、Oリングテストを使ってからだの状態を見るのだが、案の定、私はヘロヘロだった。
全身いろんな場所がこわばっていて、ほとんどは、やはり目の疲れから来ているようだ。
豊福さんの眼鏡でだいぶ疲れにくくなったのだが、その分がんばっちゃっているのかも。
高橋先生の治療で、後頭部や目の周りがゆるみ、全身に気が巡ってきたのを感じた。
目がシャキっとして、充電完了。

そして、からだが整うと、気持ちも晴れやかになり前向きになった。
ありがとう、高橋先生。

ほんと、からだとこころってつながっているんだなぁ。