hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

「ベストを尽くす」とは何ぞや

あるQ&Aで、こういう質問があった。

「ベストを尽くす機会が毎日ありますか?」
答えは、「はい」「時々」「いいえ」のどれか?

私は、「時々」にチェック。


そのQ&Aに関するある友人の言葉にハッとした。

その友人は「私はベストを尽くそうといつも思っているから、イエス!」と言った。
そのまっすぐな言葉で、自分の中がざわざわ波立った。

その波立ちで、自分を省みた。

ちょっと自分が捻じ曲がっていることに気がついた。斜に構えていることに気がついた。

私は、「こんな場所でベストなんか尽くせないよ!」と思っていた。
「こんなところでベストを尽くしていたら、疲れるだけ。もったいない」とか思っていた。


「じゃ、いつどんな所だったらベストを尽くせるの?」

と自分に聞いてみた。

そしたら、「今ベストを尽くしてないんだったら、いつになってもどこに行っても同じでしょ」

と自分が答えた。


「現在」にフォーカスして大事にする。
それが基本だ。

いつもベストを尽くしていない自分は、「今」という瞬間を大事にしていないんじゃないか?

と思って、沈んだ。

2分後、

「人間気がつけば、変えることができる!」
と気づいて、立ち直った。