hitokadoh姉さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

眼鏡のとよふく 第二弾

先日、佐倉にある眼鏡のとよふくへ行ってきた。

www.toyofukuoptic.co.jp6月に作ったのはデスクワーク用だったので、今度は、遠くもクリアに見える普段用を。9月に旅行に行くので、それまでに欲しいのだ。

hitokadoh-aider.hatenadiary.jp

2回目なので、検査も30分弱で終了。
なんと、視力が上がっていた!!
同じ度数のレンズで、6月のとき見えていたのは0.6まで。今回は、0.7まで見えてたの!
まぁ、ちょっとの差だけど、たった2ヶ月半の間で良くなったっていうのは驚き。
と共に、相当嬉しい!

眼鏡かけてて視力が良くなるなんて、今までそんなことなかったからね。

また、利き目のバランスが、左右対称に近づいてきたそうだ。
私は左目のほうが視力がいいので、かなり左目を使って見ているのだが、右目も使えるようになってきたらしい。

「眼鏡で、利き目のバランスを変えられるんですか?!」とたずねたところ、「なかなか難しいので、やろうとする所は少ないですね。お客様との信頼関係がないとできないし・・」とのこと。
素人にはわからないが、きっと微妙なものなんだろう。

「だから、とよふくさんの眼鏡をかけ始めた当初は、見えづらかったのかもしれない。」とふと思った。
今まであまり使っていなかった右目の画像が脳に取り込まれるため、私が長いこと慣れ親しんだ脳内の画像処理が調整される必要があったのかも。。
ま、これは単なる私の妄想だが。

今回も、姿勢を気をつけるよう、アドバイスいただいた。
姿勢で、視力は変わるそうだ。
座るときはちゃんと腰骨を立てること。
肩甲骨の間を前に押されるような感じで、胸、鎖骨を開くこと。
ま、要するに、いい姿勢ってことですな。

特に子どもの場合は、「姿勢を注意していただくことが大事です」と、店員さんもおっしゃってた。

伺った翌日に来た(これも、かなり感動もんです!素晴らしいカスタマーサービス)豊福さんからのはがきにも「さらに腰骨を立てゆったりとした観方を意識してくださると、いろんな変化が出ておもしろいです。」とのこと。

つい、「じっくり見る」=「ぎゅーと目を凝らして見る」となりがちな私。
それって、いつの間にか心も身体も緊張させて、実はものすんごい狭い視野でしか見ていないのかも。

いったいおもしろい変化って何だろう?

またまた、届くの楽しみな10日間である。

人の身体って変わるんだなぁ。私の視力も、2ヶ月半で向上したし。
年齢より、意識のほうが大きな影響力があるかもね。