読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

前向きに縮こまろう

心のつぶやき

よりよく。より上へ。
もっと緻密に。
もっと鋭敏に。

視野が広がる。
感覚が広がる。

拡大の過程は、とてもエキサイティングだ。
発見の連続。
成長する喜び。
無限の可能性。

しかし、拡大のあとには縮小がおとづれる。

季節には必ず冬があるように。
潮の満ち引きがあるように。


縮小は、拡大に比べると、マイナス感は否めない。

流れは内向きになるので、閉塞感を引き起こしがち。
来た道を戻る感じになるので、目新しさに欠ける。

場合によっては、逃げてきたことに直面せざるをえないことも。
ぶっちゃけ、楽しくない。面白くない。


しかし、この縮小(あるいは停滞)の間、どんな自分であり続けるか?
それが、恐らく、人の熟成度合いを決めるのだろう、と。

閉塞感のなかで、何を見出せるか?
迷いながらも、くさらずに探しだせるか?
目を背けたいなかから、真実を見つけられるか?
休んでも、また歩き始められるか?

こういうときは、他人と比較しても意味がない。
とわかっていながら、やたら比較して、自分を落としこめてしまう。


そんなときに思い出す、ある本で読んだ一節。

拡大したときに自分が得た様々なことを、自分の中心に統合させるために、縮小は起こる。

というような内容。

縮小は、今まで得たものを、自分の源へ持ち帰るのだ。

自分の源が栄養でいっぱいになるほど縮小したら、次の拡大が起こってくるだろう。
どんなふうに縮小していたかで、拡大のバージョンアップ度が違ってくるはず。

前向きに縮こまろう〜!!