hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

根をはる

あらゆるところで聞こえてくる「統合」という言葉。

東洋と西洋の統合とか。
女性性と男性性の統合とか。


今、アレクサンダー・ローエンの「からだのスピリチュアリティ」と読んでいる。


自分は、一番身近な自分のからだと、どの程度統合しているだろうか?

統合には、それに伴う深いコンタクト、つながりが必要である。

つながりがないところは、そもそも認識されていないわけで、無いものと同じである。
無いものと認識しているところは、当たり前だが、統合されない。

それが、からだのなかにも、起こっている。
ということは、こころにも、起こっている。

始めは、痛みをたくさん感じることはつらいから、それを切り離した。
その切り離しも悪いわけではない。
Surviveするための手段だった。

いつの間にか、切り離したところは、自分として感知されなくなり、自分ではなくなる。

とりあえずは、それでいいだろう。
つらいところから逃げることができて、なんとか生き延びた。

そして、また次の痛みがやってくる。
嫌なものは嫌だ。つらい。
そうだ、前やったように、切り離せばいい。これで、また生き延びれる。

そうしているうちに、自分はどんどん小さくなり、分断されたピースがいっぱいできている。

「こんなちっぽけな私に何ができるだろう。。」
「こんな弱い私に、何をしろっていうの?」

あちこちに散らばったピースが、かつて自分だったことも忘れ、ひたすら嘆く。

ある日、ふと、散らばったピースに気がつく。

気になるのだが、自分とは関係ないと思い、避ける。
気になるのだが、理由もなく恐ろしく感じて、近くに寄れない。

しかし、ピース達は語りかけてくる。
「かつては、あなたの一部だった」

かつて自分の一部だったものを統合するとき、すんなり行く場合もある。
痛みやつらさを伴う場合もある。

でも、その痛みやつらさの先には、より大きく、より美しく、より愛にあふれた自分が待っていることを、ローエンは教えてくれる。

恐らく、人は成長せざるを得ない。
進化を求めてる。上へ上へ。

だからこそ、地に根を張る必要がある。
天へ伸びる以上に、地に深く広く根を張っている巨木のように。