読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

コミュニケーション

BIPSのワークショップに参加したせいか、今「からだ」についていろいろ思いを巡らせている。

こころとからだは別物ではなく、お互い密接につながりあっている。

ということは、周知のことだ。

「落ち込んだときは、上を見てみよう」
「寝ながら、いろいろ考え事をするな」

これらは、からだの姿勢が、こころの状態に影響するってことから、言われていること。

姿勢を変えることで、確かに、ものの感じ方や受け止め方が変わる。


じゃ、姿勢を変えれば、世界全て変わるのか?

というと、そういうもんでもない。


からだを注意深く見てみると、その人の無意識のメッセージを語っていたりする。

むか〜し奥底に埋めてしまった思い、もう忘れてしまった感情。
自分は乗り越えたと思っていた。
もう解決したと思っていた。

でも、本当はそうじゃないんだよ〜と、からだは言っている。

からだは、固有の歪みを作り、見たくないものを隠している。
からだは、微妙にねじれ、こころの痛みを思い出さないようにしている。

それは、Survivalの表現。

いろいろありつつもこの世界で生きていくための、防衛手段。


からだの歪みは、その人の今まで生きてきた履歴でもある。
その人独自の個性である。

それは、何だか愛おしい。
ねぎらいたい気持ちになる。

生きにくさを感じていたのは、自分だけではなかったんだ。。
と仲間に出会ったような気持ちになる。


そして、

「もう耐えなくてもいいんだよ」「表現しても大丈夫だよ」

と話かけたくなる。

その言葉は、その相手に言っていると同時に、自分のどこかに言っている。


相手と共に、自分がある。

そして、自分は、からだとともにある。

からだは、自分のパートナーでもあるんだなぁ。
そのパートナーと、コミュニケーションとれているだろうか?