読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

BIPSプレトレーニング (2)

ボディサイコセラピー

(前回より続き)

2日目の最初のワークは、エネルギーの出口(Exit)を活性化させるマッサージ。

出口とは、からだの末端部分だ。
頭部から頚部、腕から手、脚部から足裏を、螺旋を描くようにマッサージする。

講師のアキームの手は大きく、指も長い。う〜、うらやましい。
デモを見ているだけでも、気分が良くなる感じだ。
「マッサージしながら、その人のコアに触れるように」

初回のワークがマッサージなんて、ラッキー!

さっそく参加者同士ペアを組んで実習。
最初に受けさせてもらった。

あ〜、やっぱり頭も首も硬い。
気持ちはいいのだが、なかなか緩まない。

そして、最後、脚部をやってもらっているとき、胃の辺りがふわっと緩んだ。
そしたら、下腹部も緩み、腸が動くのを感じた。
何かがすーっと出て行って、おなかが緩んだ。
「確かにExitかも。。」

おなかが緩んで、呼吸も深くなり、だいぶ楽になった。

ちゃんと合ったマッサージをすると、からだは素直に反応してくれるのだ。

お昼休み後、今度は私がセラピスト側。
お昼食べた後ということもあり、クライアント役の方は爆睡状態。
「首をやった後は覚えていない」とかなりリラックスされた様子。

やっぱ、マッサージって気持ちいいよねぇ。それだけで癒される。


講師のアキームは、すごく感覚的であるのに、説明もとても論理的でわかりやすい。
右脳、左脳のバランスがとてもよいに違いない。
たたずまいが物静かで、誠実で丁寧だ(ドイツ人的と言ってもよいかも)。日本人のメンタリティに合っているかもしれない。


2日目の最後のワークは、ブレスワーク。

胸の上部(そこにセラピストは手を置く)からの呼吸を続ける、というとてもシンプルなもの。

しかし、そのシンプルなワークは、私にとても感動的な体験をもたらした。

胸、つまりハートには、結構いろいろな感情が隠されている。
不安とか悲しみとか。言いたくても言えなかった言葉も。

呼吸をすることで、ハートに眠っていた感情やら言葉やらが出てくる。
それらを、呼吸とともに、外に出すのだ。

「私からは、きっと悲しみとかが出てくるのかなぁ。流せなかった涙とか」
自分がクライアント役になる前に、漠然とそう思った。


横になって、セラピストの手を感じながら、呼吸を始めた。

最初は浅かった呼吸が、だんだんと深くなっていく。
喉を通る息の音が、自分の中に響いている。

周りからは、何かを叫ぶ声、咳込む音、泣き声とかが聞こえてくる。
周りの音に動揺するかと思いきや、自分はものすごく静かに息をしている。
聞こえているのに、そこには居ないかのような感じだ。

セラピスト役の相手が「ちょっと目を開けてみましょうか?」と言った。
目をゆっくり開けると、こちちを見つめている目に会った。

急に、私は、意味もなく可笑しくなって笑った。
相手も一緒に笑って、「何が面白いの?」と聞く。
「なんだか分からないけど、おもしろ〜い」と答えた。

そして、また目を閉じて、呼吸を続けた。
息はどんどん深くなり、ゆっくりになり、からだ全体が呼吸になったようだ。

「今、何を感じていますか?」(←セラピスト役は時々この質問をする)
「呼吸が気持ちいい。息をするのを忘れそう。」と私。
「大丈夫。ちゃんと呼吸していますよ」とセラピスト。

「ちょっと目を開けてみましょうか?」(←セラピスト役は時々この質問もする)

ゆっくり目を開けると、こちらをのぞきこんでいる顔が見えた。
その人の顔を、私は好奇心いっぱいで見ていた。
そして、目だけを動かして、周りの世界をただ見ていた。

この感じ、どこか懐かしい。
そう、赤ちゃんの目線だ!!

私は、いつのまにか、生まれたばかりの赤ちゃんになっていた。
この世界を、何の思考も偏見もなく、ただただ好奇心いっぱいで見つめていた。
目をいっぱい動かして、この世界を見ていた。

そして、また目をつむり、呼吸を続けた。

赤ちゃんになった私は、呼吸をするのが楽しかった。
口の形を変えると、呼吸の音も変わるのが面白くて、まるで楽器の音を楽しむように、自分の呼吸の音を楽しんでいた。
まだ身体に慣れていないせいか、時々自分の唾液で咳き込みそうになったりした。

身体を面白がって、楽しんでいた。
呼吸することが面白くて、ただ楽しんでいた。

「ではそろそろ、ゆっくりと戻りましょう」セラピストの声が聞こえた。

だんだんと普段の呼吸に戻して、私も今へ戻ってきた。

ワーク終了後、「本当に目がキラキラしてて、赤ちゃんの目みたいでしたよ。愛をいっぱいもらった気がします」とセラピスト役の方が言った。

私は、訳もなく、ハッピーな気分だった。
「私はここに生まれたがっていたのだそして身体にいることを楽しんでいたのだ!!」

私の中から聞こえた。
「呼吸を覚えてさえいれば、大丈夫だよ」

この呼吸があれば、私はいつでもコアエネルギーとアクセスできるのだ♡


(続く)