hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

問いかけ

私は、自分にたくさんの問いかけをしている。

「どうする?」「どこへ行くか?」「何を食べる?」
「どうあるか?」「どう生きるか?」あるいは「どう死にたいか?」などなど。

それらは、意識的なものも、意識に上らないものもある。

なぜ問いかけるのか?

答えを得たいから。もちろんそうだ。

はっきりした答えが得られる場合もあるし、そうでない場合もある。
すぐ答えが来る場合もあるし、しばらーく経ってから来る場合もある。
また、全く答えがでないこともある。

よりよい答えを得るために、問いかけ続けるとも言える。


でも、答えを得るより、もっと私にとっては重要なことがあることに気づいた。

問いかけは、私が動くための、向かっていくための、エンジン。

問いかけ続けることで、私はその先の道を知る。
問いかけ続けることで、私は歩き、進んでいく。

そうして、私は毎日問いかけ続けている。
そうして、私は毎日進んで行っている。