hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

怒りのエネルギー

よくよく省みると、今の自分は感情面において我慢をしないように感じる。

笑いたいときに笑い、泣きたいときに泣き、怒りたいときに怒る。

しかし、感情にふりまわされているのとは違う。

その感情の奥に、感情とは全然関係のない静かな自分を感じている。
熱くなっている自分を見ている、すんごいニュートラルな自分。

だからと言って、その感情を抑えているわけではなく。

静かでニュートラルな部分があるから、どっぷり感情に浸れる。
感情の波を、どこかで面白く眺めている。

そうしていると、感情ってものすごいエネルギーだと体験する。


とかく敬遠されがちな、怒りのエネルギー。
こいつは、すんごい強い。

だから、使い方を間違えると、えらいことになる。凶器になる。

怒りのエネルギーを生かせるところがあるはずだ。
その強大なエネルギーでしか、動かないものがあるはずだ。

無論「怒り」と言っても、当然、いろいろ種類はあり、全ての怒りを垂れ流しにしていいというわけではない。

その怒りがどこから来ているか?
それが問題だ。

めざせ!不動明王ばりの怒り(笑)

実際目指せるのか?!とツッコミいれつつ、心意気だけでもね。