hitokadoh姐さんの身辺雑記

人生は面白い。鍼灸師、あれこれ綴ってます。

氣づくと。。

「氣づき」は、大きな力だ。

氣づかなければ、あっても「ない」と同じこと。

いろんな人が「今ここしかない」「大事なのは現在」と言っている。
そうかもしれないが、よくわからなかった。
そうは言ったって、相変わらず過去は存在しているし、未来も存在している。

「今」って言った瞬間、それは「今」でなくなる。
「今」はあっという間に過ぎ去り、それは過去になる。

「今にフォーカスせよ」

それが何となく腑に落ちたのは、やっぱり「氣づき」のおかげだ。

「今」という瞬間、自分に見えていたものは、あまりにも断片だった。
「今」という瞬間の持つ豊かさ・恵みに気づくと、「なんて自分は多くのことを見逃していたのか」と氣づく。

そして、さらに「今」を大事にしようと思う。
大事にしてくると、今度はまた見えなかったものが見え、聞こえてなかったものが聞こえ、感じなかったものを感じてくる。

さらに「今」の持っている豊かさをいっぱい見つける。
そして、自分の周りに、「ありがとう」をいっぱい見つける。
そして、またさらに「今」を大事にしようと思う。

氣づかなかったときは、自分はひとりで、世界は冷たく醜かった。

氣づいたときは、自分はみんなで、世界は美しく輝いていた。

どっちが本当?
どっちも本当で、どっちも嘘かも。
それはどっちでもいい話。

自分が思うように、世界は現れてくるから。