hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

毛皮のマリー

美輪明宏主演・演出の「毛皮のマリー」を見てきた。

寺山修司作。初の寺山ワールドである。
寺山修司については、名前ぐらいしか知らない。
以前ハマっていた沢木耕太郎の本で、「天井桟敷」と寺山修司の名前を知った。

この舞台、出演者は全員男性。

美輪さんは、まさにはまり役。しなやかで妖艶だった。
そして、時には鬼のような迫力。
下男役の麿赤兒さんとのツーショットでは、そこは日本ではなく、まるで異次元。麿さんすんごい存在感!

マリーの息子、欣也役の吉村卓也さんは、うぶな欣也にぴったりな美少年★
さすがオーディションで選ばれた新人さん。

欣也を誘惑する美少女、紋白役の若松武史さんも、とってもハマっていた。
美少女(?)がゲイバーのママばりにうぶな欣也に迫るところとか、かなり笑える。

粗野だが心根は優しい水夫役の菊池隆則さんもよかったっす。
ふんどし一丁に着物を羽織った衣装だったんだけど、からだもガテン系で♡(なぜかハート)
マリーが水夫に、自分の身の上話をしてしまった気持ちわかるわぁ。

舞台は、エログロでファンタジーで深くおかしくせつない。

愛は狭すぎると狂気に変わる。それを簡単に「悪いこと」と切捨てられない。

見終わった後、古典ぽいなぁと思った。
歌舞伎の心中ものを見た後と同じ感じ(ある意味、男性しか出演していなかったので、歌舞伎と同じと言えなくもない。。)
「人って変わらないなぁ」と愚かしく思う一方、だからこそ愛しさを感じるのに似ていた。

最後カーテンコールの美輪さんと欣也役の吉村卓也さんは、キラキラの中ご登場され、天国から舞い降りてきたようだった。
美輪さん、まるで観音様です。
「ありがたや〜」と手を合わせ、半分拝んでいた私だった。