hitokadoh姉さんの身辺雑記

鍼灸師、心に浮かんだこと、あれこれつづります。

年末によせて

2008年もあとわずか。

この一年あっという間の気もするが、思い返せば長い気もする。

私の生活の表向きはそう大して変わっていないが、今年の1月には想像できない流れもあった。

最近は、自分がどこへ行こうとしているのか、左脳的に理解できないことが多い。
無理に説明する必要もないと感じているので、直観のおもむくまま選択することにしている。

「志」と思っていたものが、実は、自分の執着から生まれたものであるときもある。
「志」を持つことは大事だが、今の自分に合わなくなってきたら、それを手放すことも必要だ。
手放すときに、寂しく感じたり痛みを感じたりするかもしれないが。

人は成長しつづける。
2009年自分がどうなるか、目標ももちつつ、それにとらわれないで、あるがままの変化(成長)を楽しみたい。

その前に、大掃除だ〜!